Entries

これは珍しい! 南極で真っ黒なコウテイペンギンを発見

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

これは珍しい! 南極で真っ黒なコウテイペンギンを発見


[南極発] 南極のアトカ湾で全身が真っ黒なコウテイペンギン(別名エンペラーペンギン)が発見され、話題を呼んでいる。見つけたのは、英BBCの新しい自然史シリーズ『Dynasties』の制作で現地入りしていた撮影クルー。


南極の地図南極アトカ湾(Atka Bay)の位置


秋になるとアトカ湾には厚い海氷が張り、そこにはコウテイペンギンの繁殖コロニーが形成される。黒いペンギンはコロニーに集結した1万1000羽のなかにいた。




これは珍しい! 南極で真っ黒なコウテイペンギンを発見


ペンギンは白と黒のタキシード姿が定番。なのに、この個体は本来は白いはずのお腹の部分も黒い。原因はメラニズム(黒色素過多症)と呼ばれる遺伝子疾患。先天的にメラニン色素が過剰に生成され、羽毛が黒くなっているのだ。

メラニズムはさまざまな動物によく見られる現象だが、ペンギン類ではとても珍しいそうだ。生物学者の推定によると、その確率はなんと25万羽に1羽! これまでにコウテイペンギン以外の数種のペンギンでその存在が報告されている。

BBC側は「黒いコウテイが映像に収められたのはこれが初めてかも」と興奮気味のようす。


これは珍しい! 南極で真っ黒なコウテイペンギンを発見


黒いペンギンの映像といえば、2010年、亜南極のサウスジョージア島で発見された黒いオウサマペンギン(別名キングペンギン)を思い出す。これは旅行雑誌『ナショナルジオグラフィックトラベラー』の寄稿編集者アンドリュー・エバンス氏が撮影したもので、ネットやメディアで紹介され、世界中で反響を呼んだ。




これは珍しい! 南極で真っ黒なコウテイペンギンを発見


こうして黒いペンギンたちを見てみると、どちらもなかなかの男前(女前?)。映像を見る限り、他のペンギンたちにいじめられることもなく、それぞれ群れに溶け込んでいるように見える。彼(女)らのユニークなルックスが繁殖のためのパートナー探しに有利に働くのか、それとも不利に働くのか、興味深いところだ。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/703-83b77b48

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR