Entries

禁じられたユダヤ人音楽を密かに愛聴していたヒトラー、62年前ベルリン地下壕から盗み出された総統の秘蔵レコード数百枚がロシアで浮上

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

禁じられたユダヤ人音楽を密かに愛聴していたヒトラー、62年前ベルリン地下壕から盗み出された総統の秘蔵レコード数百枚がロシアで浮上


[ロシア発] 政治家の本音と建前が違うのはよくあることだが、生前のヒトラーはこれをなんと釈明したであろう?

1945年、ナチス独裁者、アドルフ・ヒトラーが最期の時を迎えたベルリンの地下壕で略奪を働いた旧ソ連軍人の親族が、総統が個人的に集めていたレコードのコレクションを所有していると、8月6日公表した。そのレコード集には、ワグナーやベートーベン等のドイツ人作曲家に混じって、メンデルスゾーンやオッフェンバック等のユダヤ人作曲家や、ラフマニノフ、チャイコフスキー、ボロディン等のロシア人作曲家の曲も入っているという。

ナチス統治下に入り、ドイツは第三帝国と呼ばれるようになったのだが、その第三帝国の総統であったヒトラーは、国民にドイツ人作曲家以外の曲を禁じていた。当時は、ジャズですら「黒人スワンプ・ミュージック」として禁止されていたし、ベルリン・フィルハーモニーのようなオーケストラでもドイツのクラシック以外の曲目を演奏することは許されなかった。ヒトラーはそれ以外は「退廃音楽」と呼んで蔑んでいたのだ。

しかしながら、1945年5月、ベルリン陥落後に赤軍の大佐、リュー・ベジュメンスキ氏により盗み出されたレコードのコレクションが今回浮上したことにより、ヒトラーが怪物であったばかりか偽善者でもあったことが世に知れ渡ることとなった。

ユダヤ系ロシア人であったベジュメンスキ氏はドイツ語が堪能で、スターリングラードでドイツ第六軍が全滅した1943年、捕虜となったパウルス陸軍元帥を取り調べたこともあったという。ベルリンが陥落した時には、彼は地下壕とその上に建立されていた総統官邸に残された遺物の在庫調査をするためにベルリンに他の軍人らと共に派遣されたそうである。

彼の同僚たちが、在庫調査に取り掛かりながらも、イニシャル入りの銀器やかぎ十字が浮き彫りになった磁器をくすねているのを傍らで見ていたジュメンスキ大佐は、封印されたままの木箱に気付いたという。木箱を開けてみると、中には大量のSPレコードが入っていた。

彼の娘、アレクサンドラさんによると、彼女の父親はそれらのレコード盤を記念品としてモスクワに持ち帰り手元に置いていたそうで、彼女が初めてそれを目にしたのは1991年、モスクワ郊外にある家族の別荘で父親に見せられた時だったという。

当時、モスクワ陸軍士官学校で歴史を教えていたジュメンスキ氏は別荘の屋根裏にレコード盤を隠し持っていたらしい。「フットボールを探している時に偶然見つけてしまったんです」と、アレクサンドラさんはドイツの週刊誌『デア・シュピーゲル』に語っている。

レコード盤には「総統司令部」というスタンプが押されており、盗品だということがバレるのを恐れて、同氏はそれらを隠していたのではないかと家族は言う。(旧ソ連軍のエリートたちが、戦利品として価値のある物品を略奪することは戦時中、珍しいことではなかったようであるが)

ジュメンスキ氏は2ヶ月前、86歳で亡くなっているが、彼自身、音楽の愛好家であったそうで、生前は、自身が聞くため、もしくは少人数の信頼する友人のためにレコードをかけたそうである。そういう彼にとって、ヒトラーのレコード盤は辱めと誇りの感情の両方をもたらしたようである。

ともあれ、戦後62年経った今、アレクサンドラさんにより、ヒトラーが所蔵していたレコード集がどのようにして、彼の不倶戴天の敵(ユダヤ人)の手に渡ったのか明かにされたわけである。

ヒトラーが愛好していたベートーベンの『第九』、ワグナーの『さまよえるオランダ人』、ブラームス、シューマン、モーツァルトらによる曲目は、もちろん彼のコレクションに入っていた。

しかし、そこにはポーランドのバイオリニスト、ブロニスラフ・フーベルマンやムソルグスキーの歌劇『ボリス・ゴドゥノフの死』のレコーディングに出演したロシアのバリトン、フョードル・シャリアピンのような著名なユダヤ人独奏者たちの作品も含まれていたのである。

多くのレコード盤には、何度も何度も蓄音機にかけられたらしく、引っ掻き傷があるという。

「何百万人ものユダヤ人やロシア人がヒトラーのイデオロギーのために死んでいく一方で、ヒトラーは常日頃、彼らの音楽を聞いて楽しんでいたということに父は驚いていたと思います」とアレクサンドラさんは語る。ヒトラーの数百枚にのぼるレコードを今後どうするかについては、現在思案中だそうだ。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/70-29024298

3件のトラックバック

[T13] (LP)グレン・グールド/J・S・バッハ平均

内容内なる魂の直感的な発露と驚異的な技巧に裏付けられた雄弁さ?グールドのバッハは、かつて誰も表現した事のない、全く完璧な宇宙を確立している。グールド没後1年限定版(1983年発売)ステレオ備考:中古販売元:(株)CBSソニーfont>コンディション中古品・LPレコー

[T15] ジャズの感想

Pure Pleasure Records (Candid)180 Gram Vinyl・[昭和ジャズ歌謡] ディックの声は何処へ?・無人島レコード・7月22日(日),バーゲン・レコードの整理・勝手にレコードジャケット展・グランストンベリーフェスについて・不毛にはならなかった。・「退廃音楽」として国

[T16] (LP)グレン・グールド/J・S・バッハ平均

内容内なる魂の直感的な発露と驚異的な技巧に裏付けられた雄弁さ?グールドのバッハは、かつて誰も表現した事のない、全く完璧な宇宙を確立している。グールド没後1年限定版(1983年発売)ステレオ備考:中古販売元:(株)CBSソニーfont>コンディション中古品・LPレコー

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR