Entries

2メートル級の野生コブラと友達になり寝食を共にする4歳男児

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2メートル級の野生コブラと友達になり寝食を共にする4歳男児


[インド発] インドを旅すると、観光名所等で蛇使いが吹く笛にあわせて、鎌首をもたげて踊る蛇を見かけるが、あれはインドコブラという種類の蛇である。体に眼鏡のような形をした模様があるので、メガネコブラとも呼ばれる。

同国では、毎年1万人程の人々が(主に農作業中)この蛇に咬まれているが、コブラは猛毒(神経毒)を持っており、咬まれた後早急に手当を受けないと、30〜60分以内で死んでしまう。しかし、ヒンズー教ではコブラはシヴァ神の使いとして崇められているので、滅多に殺されることはないという。


さて、そんな畏れ多き存在のコブラなのであるが、ウッタープラデシュ州のモラダバド郡に住むアミール君(4)は、なんと全長2メートルを超える野生のコブラとお友達になってしまったそうである。

アミール君がコブラに出会ったのは、父親と共に畑に向かって歩いていた途中だったらしいが、その時以来、ふたりは仲良く遊ぶようになったそうだ。彼はまったくコブラを怖がることも無いという。

アミール君のおじ、モハマド・シャリフさん曰く、「蛇は甥といつもいっしょで、寝る時もそうです。最初のうちは、私らも怖くて、ずっと甥を見守っていたんですがね。今は、もう普通にしてます。蛇は甥が差し出す物は何でも食べてますよ。チャイ(インド式ミルクティー)すら飲むんですからね」

インディラ・ガンディ国立公開大学で動物学を教えるカマル・サクセナ博士は、「私たちは皆、子供の時から人間と蛇の友情話を聞いて来てますからね」とコメントしている。


ひょっとして、アミール君の前世はコブラだった? それとも、コブラの前世が人間だったのか? てなことを一瞬思ったのだが、それにしても、恐れを知らない子供って凄い! コブラも、どうして彼に噛み付きもせず、懐いてしまったのか謎だ。ソース記事に彼らのツーショットが無かったのが残念である。

ソース



追記 久々にこの記事を読み返してみて、もしやと思い検索をかけてみたら、アミール君とコブラの動画を発見した。冒頭に掲載したツーショットはこの動画からのキャプチャ。




2012-03-25 23:55


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/56-0716a903

3件のトラックバック

[T5] 2メートル級の野生コブラと友達になり寝食を共にする4才男児 他

2メートル級の野生コブラと友達になり寝食を共にする4才男児【詳細記事】パイロット、車輪を出し忘れ胴体着陸【詳細記事】発砲スチロールをも軽く熔解させる中国の偽紅花油【詳細記事(画像在り)】泥を固

[T6] ネットは、それほど普及しない?(海外)

ネットの人口増加と現実の人口増加をグラフで見せる「50x15」CPUメーカーであるAMDが提供している変わったサイトで「50x15」というのがあります。これはネットの人口増加率と現実の人口増加率をグラフで表し、2015年までに人類全体の50%をネットに接続できるようにし....

[T10]

国立大学国立大学(こくりつだいがく)とは、国の政府によって運営又は設立されている大学。国立学校である大学のことである。今日ではほとんどの国立大学が自治権を持って運営している。国立大学は各国の文化や、政治的願望に結びつけられる。例えばアイルランド国立大学は

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR