Entries

「ナスカの地上絵」上空で遊覧セスナ機がUFOとニアミス!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ナスカの地上絵」上空を飛ぶUFO


[ペルー発] 南米ペルーの「ナスカの地上絵」は日本でもよく知られる世界遺産の一つだが、その上空を遊覧飛行していた観光客が、なんと30フィート(約9メートル)以下の至近距離からUFOを撮影していた!

観光客はアメリカからやって来た二人組で、共に医療従事者だという。彼らがセスナ機に乗り込んだのは1月1日の早朝。砂漠であるこの地域では一年中ほとんど雨が降らず、その日も絶好の日和だったそうだ。ご覧のように、遊覧中、彼らはカメラを回し地上絵を空から撮影していた。


- 2011年1月1日撮影 -


台地に描かれた直線や渦巻きの幾何学模様に混じって、ハチドリ、宇宙飛行士、コンドル、クモ等の巨大な絵が次々とビデオに収められているが、しばらくすると、セスナ機は突然、暗雲に包まれてしまう。

さて、ここからが本番なのだが、画面左上に注目して欲しい。タイミングは3:27から3:29の間。雲の中から黒っぽい空飛ぶ円盤が現れたかと思うと、すぐまた雲隠れしたのが見えただろうか? ほんの一瞬の出来事なので、動画ではスローモーションで繰り返し見せてくれているが、以下はそのシーケンス。


「ナスカの地上絵」上空を飛ぶUFO(1)

「ナスカの地上絵」上空を飛ぶUFO(2)

「ナスカの地上絵」上空を飛ぶUFO(3)

「ナスカの地上絵」上空を飛ぶUFO(4)

「ナスカの地上絵」上空を飛ぶUFO(5)


撮影時、観光客はUFOの存在に全く気付いていなかったそうだが、これは明らかに雲の切れ目などではない。

ナスカの地上絵は西暦400年から650年の間に描かれたと見られている。その使用目的については諸説あり、カレンダー説や雨乞い儀式説の他、古代人に神として崇められていた宇宙人が彼らに命じて作らせた滑走路とするオカルトな説もあったりする。(参照12

そんな土地の上空で元旦早々遊覧機がUFOとニアミス。そして、その瞬間がビデオに捉えられていた。話がうますぎて「これってフェイク?」と思ったりもするが、ひょっとしたら宇宙人流の新年のご挨拶だったのかもしれない。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/528-35628414

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR