Entries

死後の世界の証明? 公園墓地を駆ける子供の幽霊

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

死後の世界の証明? 公園墓地を駆ける子供の幽霊


[アメリカ発] 公園墓地を駆ける子供のような小さな人影。それは別の女性らしき人影を追いかけていたというが、なぜか突然、木に飛び上がる。しかし、直後に落下。そのまま地面に吸い込まれるように消えてしまう。そんな不可思議なビデオが去る15日、アメリカのニュース番組でオンエアされた。


by WJW-TV - 2010年11月15日放送 -


死後の世界の証明? 公園墓地を駆ける子供の幽霊墓石の間を駆ける子供の人影


死後の世界の証明? 公園墓地を駆ける子供の幽霊木に飛び上がった瞬間


死後の世界の証明? 公園墓地を駆ける子供の幽霊木から落下


このビデオを撮影したのはオハイオ州・アクロン在住のティーン、ジェシー・グレートハウス君(17)。2年前、ジェシー君の一家はクリスマス休暇を利用して、ジョージア州・サバンナに住む彼のおばを訪ねたそうである。現地での観光を楽しみにしていた彼は、『フォレスト・ガンプ』のベンチ、海港、南北戦争の記念碑などを見て回ったが、例のビデオを撮ったのは「コロニアル・パーク・セメタリー」を訪れていた時だったという。1750年に開設されたこの公園墓地には、黄熱病の犠牲者らの共同墓地をはじめ9,000基以上の墓がある。

彼の家族はビデオにびっくり仰天。アクロンに帰った後もビデオを繰り返し見たといい、家族全員、これは幽霊に違いないと確信したという。父親は2年の歳月を費やし、映像の著作権さえ取得している。

しかしながら、カメラのデジタル化によって捏造が容易になったのも事実。取材したレポーターは、ビデオが捏造されたものなのか単刀直入に聞いているが、ジェシー君は「いいえ。あんなふうに本物に見せることができる人なんて、僕は知りません」ときっぱり否定している。

さらに、ホラー映画の特殊撮影や三次元アニメーションを手掛ける制作会社のスタッフもビデオを検証しているが、「捏造したものとは思えない」との結論を出している。

フェイクでないとすると、ビデオに写り込んだ子供の人影はやはり幽霊なのか?

これについては、そう判断するに十分な情報がないという。スタッフ曰く「ジェシー君が子供の行方を探し、木を調べ、そこを歩いていた人たちに聞き込みを掛けていたらなあ」とのこと。

観光旅行していた当時15歳の少年に、そこまで期待できたか微妙だが、筆者としては画像がやや不鮮明なのが残念。モノクロで公開されたビデオを見る限り、人影は生身の人間のようにも見える。ただ、不可解なのは木に飛び上がった瞬間。3メートルはありそうな高さをいとも簡単に飛び上がっているのだが、猿でもあるまいし、子供にこんな芸当ができるとは思えない。

ジェシー君のビデオカメラに写り込んだのはいったい何だったのか、謎は深まるばかりだ。



訂正 コメント欄で指摘を頂いたが、ジェシー君の一家が住むオハイオ州の町名を間違っていたので訂正させて頂いた。

2010-12-05 18:15



ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/521-d98a9c09

0件のトラックバック

2件のコメント

[C351]

猿だろ
  • 2010-11-27
  • 匿名
  • URL
  • 編集

[C352] Akron

オハイオ州オークランドではなく、アクロンと言っていると思います。ファイアストンとかがある町です。
  • 2010-12-05
  • 一人の名もなきオハイオ人
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR