Entries

YouTube流出「尖閣諸島沖・中国漁船衝突ビデオ」のミラー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



[日本発] 今、日本を怒りの渦に巻いているYouTube流出の「尖閣ビデオ」。2010年9月7日、沖縄・尖閣諸島沖で発生した中国漁船衝突事件のビデオ映像のことだが、残念ながらオリジナルはとっくに削除されている。テレビでハイライトは見たけれど、ビデオはまだ見ていない、また、もう一度ビデオを見てみたいといった人向けに、オリジナルのミラーを以下にリストアップした。

問題のビデオは4日午後10時過ぎ、ユーザー名「sengoku38」なる投稿者が公開。そして、5日午前7時30分過ぎ、投稿者の手でアカウントごと削除された。映像は6本で計約44分。ビデオはそれぞれ3隻の巡視船「よなくに」「みずき」「はてるま」から撮影されており、衝突場面は後半の3本に収録されている。

ビデオを見れば、漁船が故意に日本の巡視船にぶつかったのは明白だ。それも1度ならず2度も。漁船に乗っているのはただの漁師達ではない、と思った人も多いのではないだろうか。


中国漁船「闽晋渔(ミンシンリョウ)5179」vs 巡視船「よなくに」中国漁船は、まず「よなくに」に衝突。


中国漁船「闽晋渔(ミンシンリョウ)5179」vs 巡視船「みずき」そして、「みずき」にも衝突した。


政府は犯人探しに躍起のようだが、流出ビデオは海上保安庁が職員向けの研修教材として編集したものであることが判明している。また、未公開のビデオ後半には海に転落した海保職員を中国漁船の船員が銛(もり)で突くシーンが映っており、これも近々リークするのではといった噂もネット上で飛び交っている。今後、このビデオ流出事件がどういう展開を見せるのか目が離せない。



本当の尖閣 海上保安庁1(オリジナル)
巡視船「よなくに」より撮影
中国の漁船、闽晋渔(ミンシンリョウ)5179号に対し、中国語で呼びかけ進路規制する海保。背景には尖閣諸島の一つ、久場島が見える。漁船は停船し、揚網を開始。



尖閣の真実 海上保安庁2(オリジナル)
巡視船「よなくに」より撮影
漁船は揚網を続行。



尖閣侵略の真実 海上保安庁3(オリジナル)
巡視船「よなくに」より撮影
漁船は揚網を続行。この時の漁船のポジションは北緯26度01.7、東経123度37.1。



本当の尖閣 海上保安庁4(オリジナル)
巡視船「よなくに」より撮影
漁船はクレーンで網を揚げた後、船首を「よなくに」へ向け、挑発的な動きを見せる。そして、「よなくに」の左舷船尾に衝突。そのまま逃走した。



日本の尖閣 海上保安庁5(オリジナル)
巡視船「みずき」より撮影
漁船は「よなくに」と衝突後、午前10時55分頃、今度は「みずき」と邂逅。中国語で停船命令を出すも、漁船はそれを無視し、「みずき」の右舷船尾に接触。その後、西に向け航行した。



どうなる尖閣 海上保安庁6(オリジナル)
巡視船「はてるま」より撮影
「はてるま」から見た、漁船が「みずき」に体当たりした瞬間。


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/517-ee7c8724

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR