Entries

ガンマン役のフィリピン人俳優、勘違いした自警団員に射殺される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ガンマン役のフィリピン人俳優、勘違いした自警団員に射殺される


[フィリピン発] 映画のロケで覆面ガンマンの役を演じていた俳優が、本物の殺し屋と間違われ、地元の自警団員に射殺されるという事件がフィリピンのセブ島で発生した。




セブシティ・パリアン地区を管轄する警察の発表によると、事件があったのは去る10月30日の夜。同地区の自警団員、エディ・クイゾン(52)は、覆面を被ったフィリピン人俳優、カーク・アベラさん(32)に声をかけ呼び止めようとしたが、同じく覆面をしたドライバーと共にオートバイで走り去ったため発砲したという。

アベラさんは、イギリス人監督、アラン・リディアード氏の映画『Going Somewhere』に出演。発砲された時、ちょうど最後のテーク(撮影ショット)で、走行するオートバイから銃撃するシーンを撮影中だった。彼は運ばれた病院で息を引き取った。

クイゾン容疑者はすぐに自首したが、警察の取り調べに対し、地元住民から武装してオートバイに乗った男らがいると通報を受け、自分はそれに対応しただけと話しているという。また、発砲したのは、アベラさんが銃を抜いた後だったと自供してもいる。だが、アベラさんが持っていた銃は、プラスチック製のおもちゃだった。

フィリピンでは、政治活動家やジャーナリストを含む人々が路上で殺害されているが、その多くが、オートバイに乗ったガンマンの仕業だという。こういった事情も事件の背景にあるようだ。

クイゾン容疑者は、殺人と銃不法所持で起訴される見通しだ。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/515-af268351

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR