Entries

輪廻転生!?「私は、女性宇宙飛行士、カルパラ・チャウラの生まれ変わり」と宣う4歳女児

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[インド発] 2003年2月1日、スペースシャトル「コロンビア号」が任務を終えて地球に帰還する途中、米国テキサス州上空で空中分解してしまい、宇宙飛行士7人全員が死亡した大事故をみなさんは覚えているだろうか?

亡くなった7人の中には、インド出身の女性飛行士、カルパラ・チャウラさんもいた。カルパラさんは、ハルヤナ州、カーナル生まれで、パンジャブ工科大学で航空工学を学んだ後渡米し、テキサス大学で航空宇宙工学の修士号、コロラド大学では機械工学の修士号及び航空宇宙工学の博士号を取得している。

1994年にはNASAの宇宙飛行士候補生として選ばれ、1年間の訓練を終了後は、ミッション・スペシャリストとしてスペースシャトルの搭乗資格を認められている。事故に会ったスペースシャトルにはプライム・ロボットアーム・オペレーターとして搭乗していた。

上記の経歴からも分かるように、カルパラさんは非凡な才媛であったが、41歳の若さで亡くなったのは非常に残念なことであった。

事故からすでに4年以上過ぎたが、カルパラさん絡みで、インドで今、ちょっとした注目を浴びている4歳の女の子がいる。この女児は、名前をウパサナちゃんというのだが、「私はカルパラ・チャウラ」と言って譲らないのだそうだ。そして、「私は4年前、お空で死んだの」とも言っているらしい。

今、ウパサナちゃんはナール・モハマドプール村(ウッタープラデシュ州)に住む親戚を訪ねているのだが、村人に「私はカルパラ・チャウラ」と話したことがきっかけで、ウパサナちゃんは墜落死したカルパラさんの生まれ変わりではないかという噂が村中に広がったそうだ。

また、ウパサナちゃんは、飛行機を見ると恐がるそうである。彼女は両親に自分は墜落事故で死んだんだと言い続けてきたそうだ。

「ウパサナは口が利けるようになって以来、ずっと私の名前はカルパラ・チャウラで、私のお父さんの名前はバナルシ・ダス・チャウラだと言い続けているんです。けど、私ら、カルパラなんて名前、聞いた事も無かったし、(誰のことを言っているのか)皆目見当がつかなかったんです」と、ウパサナちゃんの父親、ラージ・クマールさんはレポーターに語る。(筆者は、女性飛行士の父親の姓名を確認してみたのだが、バナルシ・ダス・チャウラであった!)

「けれど、ウパサナの言う事を聞いているうちに、娘は自分の前世について語っているんだと信じるようになりました。娘は(乗っていた)宇宙船に大きな氷の塊が当った後、墜落して自分は死んだのだと言っています」

ちなみに、ウパサナちゃんは、コロンビア号の墜落事故から2ヶ月も経たないうちに生まれている。

また、ウパサナちゃんの両親は文盲で、父親のラージさんは農業労働者として働く身である。それに対し、カルパラさんの父親は、インド・パキスタン分離独立の混沌の中から叩き上げて成功したビジネスマンであった。なので、カルパラさんは経済的には比較的裕福な家庭に育ったと思われる。人が転生する時は、生まれ出る家庭はアトランダムに決められるのであろうか?


なかなか、興味深い話である。ウパサナちゃんとカルパラさん遺族のご対面というのも、そのうち誰かが企画しそうな予感がする。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/51-e3918939

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR