Entries

旅心を誘うビューティフルな写真集(2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

旅心を誘うビューティフルな写真集(2)


[世界発] 旅心を誘うビューティフルな写真集(1)より続く。


彼女の世界(her world)彼女の世界(her world)
zachstern


サンティアゴの火事(Santiago Fire)サンティアゴの火事(Santiago Fire)
Caesar Sebastian
これは僕んちの近所なんだ。消防士らが駆けつけ2軒ほど先から消火にあたった。こんな状況には陥りたくないよね。類焼は免れたけど。


ビーチの黄昏(Sunset at the Beach)ビーチの黄昏(Sunset at the Beach)
ms4jah
三日月が浮かぶ、美しい見事な黄昏(たそがれ)だった。鮮やかな色彩が写真に撮れてとても嬉しい。


幽霊列車(ghost train)幽霊列車(ghost train)
nj dodge
長時間露出の写真を撮り直してみました。だけど、今回は列車も入れることを忘れずにね。二晩前に撮った写真をベースにしたここでのアプローチについては、いくつかの点を結んで全体像を作り上げたとだけ言っておきます。ニュージャージー・ウェストフィールドにて。


熱帯雨林の小道(Rainforest Trail)熱帯雨林の小道(Rainforest Trail)
scottwills


紺碧の海をヨットで横断(sailing across the blue ocean)紺碧の海をヨットで横断(sailing across the blue ocean)
eyesplash Mikul


地獄への氷の落とし穴(The Icy Pit to Hell)地獄への氷の落とし穴(The Icy Pit to Hell)
Stuck in Customs
アイスランドのこの超ツルツルの滝、グトルフォスを訪れるまでは、キエフが地球上で一番滑りやすい所だと思ってた。氷そのものはコンクリートのように固くて、それが細かい滝の霧に包まれてるわけだけど、控えめに言っても、霧のせいで摩擦が加わるって(滑りにくくなるって)ことはなかったね!


波のズーム(The wave ZOOM)波のズーム(The wave ZOOM)
afsilva
を撮って遊ぶ。


思考から外れて溺れる(Drowning off of Thoughts)思考から外れて溺れる(Drowning off of Thoughts)
TeeJe (OFF 4 a fasting month)


穏やか(Tranquil)穏やか(Tranquil)
night86mare


太陽がシヨン城に沈む(The Sun Sets on Chateau de Chillon)太陽がシヨン城に沈む(The Sun Sets on Chateau de Chillon)
Pear Biter
その一方で、ローザンヌ(スイス)では嵐が吹き荒れる。


出発(departure)出発(departure)
chaosinjune
魚眼レンズとオリンパスom-2(70年代のはるか昔のカメラ)で撮った写真集の1枚目。休暇中に撮った14枚(おおよそ)の写真の1枚目でもあるんだ!


チョコレート・ヒル ーF0044(Chocolate Hills – F0044)チョコレート・ヒル ー F0044(Chocolate Hills – F0044)
TheHouseKeeper
フィリピンには天下の奇観がたくさん存在するが、これはボホール島にあるその一つ。


ワム!:ア・ディファレント・コーナー(wham: a different corner)ワム!:ア・ディファレント・コーナー(wham: a different corner)
visualpanic
2006年8月、スペイン・メノルカ島のカラ・マカレイエタ・ビーチ。


緑の眺望(green prospect)緑の眺望(green prospect)
Marcus Vegas


ゴールデンゲート HDR(Golden Gate HDR)ゴールデンゲート HDR(Golden Gate HDR)
vgm8383
サンフランシスコを3日間襲った嵐の合間に撮った金門橋のHDR版。オリジナルのnon-HDR版はこちら:flickr.com/photos/vgm8383/2371865686/


都会の孤独(Urban Solitude)都会の孤独(Urban Solitude)
Gianni D.


碧にしてはあまりに表情豊かな瞳(Eyes too expressive to be blue)碧にしてはあまりに表情豊かな瞳(Eyes too expressive to be blue)
nattu
“Eyes too expressive to be blue, / Too lovely to be grey.”
“Where did you get your eyes so blue? / Out of the sky as I came through.”
“Whenever I feel blue, I start breathing again”
“Somewhere over the rainbow, skies are blue, and the dreams that you dare to dream really do come true”
(筆者注:詩の引用は上から順番にマシュー・アーノルド、ジョージ・マクドナルド、ライマン・フランク・バウム、ローナン・キーティングより)
撮影地:モルディブ・フラア島


サニーサイドアップ(Sunny Side Up)サニーサイドアップ(Sunny Side Up)
code poet
ケンタッキー州レキシントンのレキシントン・アーボリータムにて撮影。


先端に立つ(Standing At The End)先端に立つ(Standing At The End)
SOUTHERN HEART


ユタの夕焼け ーザイオン(Utah Sunset -Zion)ユタの夕焼け ーザイオン(Utah Sunset -Zion)
Creativity+ Timothy K Hamilton
ユタ州南部へ11日間にわたる旅をしましたが、夕焼けは一度も見逃しませんでした。この夕焼けは最もドラマチックなものの一つ。ザイオン国立公園のすぐ西にあるコロブ渓谷の道から撮影しました。もちろん、日暮れに。


ツリガネスイセンの森の夕暮れ(Dusk at the bluebell wood)ツリガネスイセンの森の夕暮れ(Dusk at the bluebell wood)
Today is a good day
太陽がちょうど地平線のかなたに沈みつつある時、3秒露出。緑と青、そしてあの木のやわらかい金色の輝きも引き出しました。


曇りのトリウンド(Cloudy Triund)曇りのトリウンド(Cloudy Triund)
SanyamStudios
これはトリウンド。標高2900メートル、南部ヒマラヤ山系(ダウラーダール山系)のインドラハールパスから9キロ離れた地点。ここには太陽電池パネル以外に電気はない。入手できた食糧はマギーとライスだけ。9キロ離れた標高1200メートルのマクロード・ガンジからトリウンドまで、車で走行可能な道路はなし。山小屋は2つだけで、茶店と宿泊施設を兼ねている。


PhotonQー複雑性の水平線上の美(PhotonQ-Beauty on the Horizon of Complexity)PhotonQー複雑性の水平線上の美(PhotonQ-Beauty on the Horizon of Complexity)
PhOtOnQuAnTiQuE
二つの現れつつある複雑性が美へ統合される。1つ目の綿毛坊主は生物学から。2つ目の「人工的な青い構造物」は「水平線プロジェクト」から。最も大規模な宇宙のシミュレーション。


夜のポトマック(Potomac at Night)夜のポトマック(Potomac at Night)
ehpien
FDRメモリアル公園に近いポトマック川の土手で撮影。バージニア州アーリントン方面を眺望したもの。飛行機がロナルド・レーガン・ワシントン・ナショナル空港に着陸しつつある。画面を拡大すると、星が見える。さらに、丘の上にはアーリントンのカスティス・リー・マンションが見える。


ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/495-0d1b40c3

0件のトラックバック

2件のコメント

[C326]

更新お待ちしてます☆
  • 2010-08-20
  • 匿名
  • URL
  • 編集

[C339]

素晴らしくいい写真です。
いつも楽しみに見ています。
  • 2010-09-16
  • 匿名
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR