Entries

鮨屋めがけて、空から魚が降ってきた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

鮨屋めがけて、空から魚が降ってきた!


[アメリカ発] 空から魚が降ってくる。しかも、よりによって鮨屋めがけて。そんなちょっとありえないような珍事が、先週、フロリダ州東部の海辺の町、メルボルンで起きていた。


- 2010年3月31日放送 -


その日、寿司バーの従業員、エンジェル・パチェコさんは、仕事を終え、帰宅するところだったという。

ドスンという大きな音を聞いたのは、レストランの外に止めてあった自分のトラックに乗り込んだ時だった。何かがフロントガラスにぶつかったのだ。

見ると、そこにはなんと一匹の魚が横たわっていた。ぶつかった時、かなりの衝撃を受けたに違いないが、魚はまだ生きていた。パチェコさんは魚を拾い上げると、急いでレストランに引き返した。

魚は他の従業員らの手で厨房(キッチン)に運び込まれ、水の中に戻された。すると、魚はバタバタと動き始めた。

それを見た従業員らは「うわー、すごい! 新鮮な寿司がにぎれるぞ! なんてったって、うちはとびきりの寿司バーだからね」と言ってはしゃいだ。

空から降ってきた魚は、ここで再び危機に直面したわけだが、パチェコさんの介入でなんとか切り抜けた。彼はこう言って同僚を説得したそうである。「ちょっと待ってくれ。こいつは僕らの幸運の魚だよ。こんなこと毎日起きるこっちゃない。店の水槽に入れて、皆で眺めて楽しもうじゃないか」

魚は、落下した時にできたのであろう、頭に窪みがあるものの、今では他の魚とともに元気に水槽の中を泳ぎ回っている。

それにしても、なぜ、空から魚が落ちてきたのか? それについては、頭上を飛んでいた鳥のかぎ爪か嘴から滑り落ちたのではないかというのが大方の意見だという。

また、従業員らがネット検索して調べたところ、魚の種類はティラピア(イズミダイ、チカダイ)であるらしいこともわかった。

一度目はおそらく鳥に、そして、二度目は人間に食われそうになった「幸運の魚」。パチェコさんは、この魚にとり、まさにガーディアン・エンジェルであったわけだ。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/462-0485d42f

0件のトラックバック

1件のコメント

[C278]

文章の書き方が面白いですw
  • 2010-04-04
  • 匿名
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR