Entries

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/452-464a21cd

-件のトラックバック

-件のコメント

[C286] 22年間、眠らない男

22年間、眠らない男 アミ・アーメドさん、53歳の写真を引用したいのですが、どこに連絡をして誰に許可を取ればよいか教えてください。

突然で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

[C287] Re: 286

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

22年間、眠らない男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

22年間、眠らない男


[アルジェリア発] 心身の発達と正常な生活のためには1日8時間の睡眠が必要と医者は言うが、アルジェリアには一瞬たりとも眠らない男性がいる。アミ・アーメドさん、53歳だ。彼は1988年からこのかた、22年間、眠ったことがないという。

「夜になると家族はみんな就寝しますが、私は夜明けまで暇つぶしをするしかないんです」。ナフタルで自動車修理工として働くアーメドさんは、そう言って肩を落とす。彼の不眠症が始まったのは結婚後、一年過ぎた頃だった。それまでは、全く問題はなかったという。

「目を閉じると胃がすごく痛むんです。で、目を閉じたままでいると、その痛みが喉のほうまで突き上げてくるんですよ。息苦しくなって起き上がると、汗びっしょりで疲れきってるんです。また同じ目に遭うんじゃないかと思うと、怖くて目を閉じれないのです」とアーメドさんは訴える。

彼の話によると、不眠症が始まるきっかけとなったのは一個の石だったらしい。なにやらオカルトっぽい話だが、それは、アーメドさんが従兄弟の結婚式に出席しようと車で出発した時のことだった。車輪の一つが路上に転がっていた石を轢いてしまったそうだ。

何を轢いたのか確認しようとして、彼は車から降りたのだが、石を目にした時、その異様な外観に驚いてしまったという。読み手としてはいったいどんな石だったのか気になるところだが、元記事はなぜかこれについてはスルーしている。

従兄弟の結婚式が終わって、アーメドさんは帰路に就いたわけだが、その時、彼はひどい頭痛に襲われた。それが例の石のせいかどうかは筆者には分からないが、彼は目も見えなくなって、危うく交通事故に遭いかけたそうだ。

その後、彼は2年間にわたり何人かの医者に診てもらい、あらゆる種類の薬を試したという。その上、悪魔祓いまで受けたそうだ。

「おかげで、気が楽にはなりました。でも、眠れないんです! もう慣れてしまって、これが私にとって正常になってしまいました。視覚に問題があることを除いてはね」とアーメドさんは言う。

それでも、彼の信仰心は厚い。「これも神のご意思なんでしょう。私は昼と夜の区別もつきませんがね」

しかし、その一方で、彼は紙面を通じ人々に助けを求めてもいる。「人間なら誰しも持っている眠る権利を、私は22年間剥奪されてきました。何か解決方法はないでしょうか?」

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/452-464a21cd

0件のトラックバック

2件のコメント

[C286] 22年間、眠らない男

22年間、眠らない男 アミ・アーメドさん、53歳の写真を引用したいのですが、どこに連絡をして誰に許可を取ればよいか教えてください。

突然で申し訳ありませんがよろしくお願いいたします。

[C287] Re: 286

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。