Entries

借金の返済を迫られた男、相手を殺害、その生首をオーブンで焼く

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



[イタリア発] 殺害した知人の生首をピザ屋のオーブンで焼いて処分しようとした男が、イタリア北部の町コモで逮捕された。

銃器店のオーナー、アルベルト・アリジ容疑者(40)がジャコモ・ブランビラさん(39)の後頭部を2度銃撃したのは、借金をめぐるトラブルが原因だった。


アルベルト・アリジジャコモ・ブランビラアルベルト・アリジ容疑者(左)と殺害されたジャコモ・ブランビラさん(右)


事件を報道するイタリアのTVニュース - 2010年2月2日放送 -


ブランビラさんは地元でガソリンスタンド数軒を経営するビジネスマン。彼はアリジ容疑者に10万ユーロ(約1,230万円)貸し付けていたといい、事件があった去る1日、借金の取立のため容疑者の店を訪れていた。しかし、相手と激しい口論となり、キレた容疑者に殺されてしまったというわけだ。

アリジはブランビラさん殺害後、彼の頭部を切断。それをコモ郊外にある義理の兄(または弟)経営のピザ屋に持ち込み、店のオーブンで焼却するよう依頼した。

そして、その足で150キロ先にある人里離れた高架橋まで車を運転、ブランビラさんの胴体部をそこから川に投げ捨てた。その後、自分の店に引き返した彼は犯行時、飛び散った被害者の血糊を洗い落とした。

死体を処分し証拠隠滅をはかったアリジはこれで罪から逃れられると思ったらしいが、そうは問屋が卸さなかった。事件は、被害者の恋人、エレナ・プリチェリさんが店を訪れた時、あっけなく発覚した。いつまでたっても帰宅しないブランビラさんを心配した彼女が店内に入ると、そこには漂白剤の強い刺激臭が漂っていた。

不審に思った彼女は直ちに警察に通報。数分後に到着した警察が店の床にこびり付いた血痕を発見すると、アリジはへたり込み、犯行を認めたという。

ブランビラさんの頭部はピザ屋のオーブンからすでに回収されているが、こんがり焼き上がっていたそうだ。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/447-180dace9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR