Entries

一千億人の人生(米研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[アメリカ発] 作家、五木寛之氏のベストセラー『大河の一滴』に次のような一節がある。

「人は大河の一滴」
それは小さな一滴の水の粒にすぎないが、大きな水の流れをかたちづくる一滴であり、永遠の時間に向かって動いていくリズムの一部なのだと、川の水を眺めながら私にはごく自然にそう感じられるのだった。


私は、この一節を読んだ時、漠然と、その大河にはいったいいくつの水滴が流れ込んだのか、すなわち、今までいったい何人の人々がこの世に生まれ、死んで行ったのかと考えたものである。

けれど、それを推し量ることは至難の技だ。まず、人類がいつ地球上に誕生したのかを特定しなければならない。それができたとして、次には過去に遡り、各時代の人口と出生率を推し量らなければならない。現代と違って、一昔前までは国勢調査などというものは無かったわけで、これもなかなか難しい。

しかし、米国の人口調査局はその難しいタスクに挑戦し、試算を出している。以下の表がそうである。

地球上に生まれた人間は何人いるのか?
人口人口千人当たり出生数基準年間の出生数
50,000 B.C.2--
8,000 B.C.5,000,000801,137,789,769
1 A.D.300,000,0008046,025,332,354
1200450,000,0006026,591,343,000
1650500,000,0006012,782,002,453
1750795,000,000503,171,931,513
18501,265,000,000404,046,240,009
19001,656,000,000402,900,237,856
19502,516,000,00031-383,390,198,215
19955,760,000,000315,427,305,000
20026,215,000,00023983,987,500
50,000 B.C.より2002年中期までの合計出生数106,456,367,669
2002年中期の世界人口6,215,000,000
合計出生数に対する2002年中期の世界人口の割合(%)5.8


この試算では、現代のホモサピエンスはおおよそ5万2千年前(50,000 B.C.)に地球上に現れたと想定しているが、その当時の人口がたった2人なのは、聖書に出て来るアダムとイブを指しているのであろうか。( まじめなスタディなのに、ジョークのつもり? まっ、それはともかく、)人類が農業を始めたのは1万年前(8,000 B.C.)だと言われるが、当時の世界人口はたった500万人程度だったようだ。

キリストの時代(1 A.D.)には、人口も3億人にまで増えている。18世紀から19世紀にかけて、西ヨーロッパで産業革命が起きたが、その頃には10億人を越えた。その後、人口はかつてないスピードで増え続け、2002年には62億人に達している。

さて、この試算表によると、人類が初めて地球上に現れて以来、1,065億人もの人々が生まれたという事になる。そのうち、2002年現在の人口は、5.8%を占める。一千億人の人々が生まれ、そして死んでいったということか。やっぱり、大河である。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/42-1d7c0846

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR