Entries

全長5メートルのワニと水中で戯れる男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ワニのポチョと戯れる漁師のチトさん


[コスタリカ発] 「すわっ、人がワニに襲われようとしている!」。一見、そう見えてしまうこのスナップショット。実は、大の仲良しの人間とワニがいっしょに水遊びしている場面なのだ。人間は地元の漁師、チトさん(52)、対するワニは全長5メートル、体重445キロのアメリカワニ、ポチョ君(推定50)だ。

二人のなりそめは、今を遡ること20年前、チトさんがパリスミナ川(カリブ海沿いのリモン州)の岸辺で死にかけていたワニを発見した時に始まる。牛の群れを襲ったワニが、牛飼いに反撃され、銃で左目を撃ち抜かれたのだった。

動物好きのチトさんは、瀕死のワニを捨ててはおけず、数人の仲間に手伝ってもらって自分のボートに積み込んだ。そして、ワニを自宅に運び込んで、6カ月間懸命に介護した。彼に助け出された時、ポチョは体重68キロと痩せこけていたが、ニワトリや魚を与えられ、薬ももらって回復に向かった。その間、チトさんはポチョの横で寝起きしていた。

そんなチトさんとポチョの絆は長い年月をかけて築き上げられた。「ポチョと遊ぶようになったのは10年後でしたね。最初の頃はゆっくりと。少し遊んでは、次はもうちょっと多めに遊ぶといった具合に」

「その後、あいつの名前を呼ぶと、私の方に向かって来ることも発見しました」


チトさんの呼び声に応え、緑色に濁った水の中を悠然と泳いでくるポチョ


そう言うチトさんは、家族を心配させないようにと、ワニとの水遊びは家族が寝静まった後、こっそりやっていたそうだ。4年前、彼は友人達の前で、合図を送ってワニに両目を閉じさせる等の芸当を披露。すると大好評で、見世物として一般に公開することを勧められたそうだ。

今や、彼が自宅近くの沼で演じるクロコダイルショーはコスタリカの観光名物の一つとなって、多くのツーリストが見学に訪れている。

まるで、亀を助けた浦島太郎のコストリカ版のようなお話だが、アメリカワニの寿命は70年とのこと。末永く彼らの友情が続いて欲しい。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/391-9da3457c

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR