Entries

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/388-bf3912d5

-件のトラックバック

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

おむつフェチ:主婦を騙して幼児プレイする男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加



[アメリカ発] フロリダ州、メルボルン在住の主婦、ジャネット・シュルトさんは40代の中年男性に騙され、そうとは知らず、彼の幼児プレイに付き合わされていたという。

彼女は、3カ月もの間、障害者のふりをした男性に哺乳瓶でミルクを飲ませたり、おむつを替えてあげたりしていたのだ。

ことの始まりはCraigslist.orgに出した保育サービス(子守り)の広告だった。マイクと名乗る男性から電話があり、身体障害者のめんどうを見てくれる介護者を知らないか尋ねられたという。

彼にはライアンという兄(または弟)がいるのだが、車の事故で脳障害を負い、精神年齢は5歳児同然、また、腕も不自由となり、膀胱もダメージを受け制御できない状態であると打ち明けられた。

さらに、これまでめんどうを見ていたおばや介護士は音(ね)を上げているといい、ジャネットさんに週給600ドル(約5万7000円)でライアンの世話をしてくれないかと頼んできたそうだ。

ジャネットさんはこの話に飛びついた。(確認が取れない情報であるが、ソース2のコメント欄によると、当地では子供の保育料は高くて週170ドルとのこと)

近所のおばの家から一人で通ってくるライアンは、彼女の家ではアニメを見たり、子供らといっしょにビデオゲームをして一日を過ごしたという。

「我が子にそうするように、彼のめんどうを見たんですよ」と彼女は言う。「彼がお昼寝する時は、頭を撫でてあげました。そうやって、彼の身の回りの世話をしてたんです」

3カ月の間、男性はライアンにしろ、彼女を雇ったマイクにしろ、二役をみごとに演じていたといい、ジャネットさんは騙されていることに全く気付かなかったそうだ。

その間、彼女や夫のドミニクさんはマイクと何度も電話で話してはいたが、じかに会う機会はなかった。会う約束をしてもいつも相手の都合で中止になったからだが、それでも疑ったりはしなかったという。

しかし、給与の支払いが不規則であることに加え、ライアンの挙動が微妙に変化したことに気付いたドミニクさんは、ある日、帰宅する彼を尾行した。すると、彼はおばの家に向かうかわりに、2ブロック先に駐車していた車で走り去った。

ドミニクさんは彼を自宅まで追跡し、彼と対決した。警察もその場に呼んだのだが、この時、彼は夫婦を騙していたことを認めたという。

このことが発覚後、ジェネットさんはCraigslist.comに警告文を載せたそうである。すると、「私も、もう少しで騙されるところだった」という内容のメールを5人の女性からもらったという。

警察にも被害を訴え出たそうだが、彼女が報酬を受け取っていること、介護することに同意していたことをあげ、起訴できないと言われたという。

それでも、ジャネットさんは「彼のダイアパーを替えることは承諾していました。でも、彼には介護が必要だと信じていたからです」と訴える。「私の家に来て陰部を露出することが、どうして罪ではないのですか?」

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/388-bf3912d5

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。