Entries

「人が死ぬとこ見たい!」と、老女2人の頭を斧で叩き割った女子医大生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「人が死ぬとこ見たい!」と、老女2人の頭を斧で叩き割った女子医大生


[ロシア発] もうすぐ外科医になるはずであった女子医大生が、「人が死ぬとこ見たい!」という理由から、老女2人を斧で惨殺するという事件がロシア中部のゼルジンスクで発生した。

ノボシビルスク州立医科大学に通うタチアナ・B(24)に殺害されたのは、近所で隠居生活を送っていた2人の老女。両人共、タチアナのことは赤ちゃんの時から知っていたという。最初に襲われたのはオルガ・ステプチェンコさん(85)だった。去る6月22日、オルガさんのアパートを訪れたタチアナは、背後から彼女を襲い、頭と首に斧を6回振り下ろした。


警察の現場検証に立ち会い、身振り手振りを交えて犯行の模様を再現するタチアナ。「斧で殴った時、彼女の血と脳味噌がここに飛び散ったのよ。で、ちょうどここに流れてったってわけ」と語る彼女には、悪びれたり動揺した様子はない。


タチアナ・Bタチアナ・B
老女の死を見届けた彼女は、斧についた血糊を洗い流し、こっそりとアパートを立ち去った。この時、彼女は何も盗み出していなかったため、警察は犯行動機が分からず頭を悩ませたそうだ。裕福な家庭に育ち、高校を次席で卒業するなど成績優秀なタチアナを誰も疑わなかった。

彼女に疑いの目が向いたのは、数週間後、ゾヤ・カルポヴァさん(87)が同じような方法で殺された時だった。

警察の取調べに対し、彼女は犯行を認め、自ら進んで2人を殺害した時の詳細を語ったという。また、犯行の動機については「実際の死の瞬間に立ち会ってみたかったから」と答えたそうだ。

現在、彼女は裁判を待つ身だが、精神鑑定を受けたかどうかは不明である。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/378-dcc02a67

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR