Entries

マイケル・ジャクソンの最期を伝える911コール+全和訳

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マイケル・ジャクソンの最期を伝える911コール+全和訳救急車で大学病院へ搬送されるマイケル・ジャクソン © National Photo Group


[アメリカ発] 50歳の若さで突然この世を去った「キング・オブ・ポップ」マイケル・ジャクソン。彼は来月から始まるロンドン公演のリハーサルに忙しく、亡くなる前日の夜も舞台の通し稽古をこなしていた。彼の死因については、薬物の過剰摂取が疑われているが、26日付サン紙は、マイケルはモルヒネに似た強力な鎮痛剤デメロールの注射を受けた後、倒れたと報じている。彼の自宅からスタッフが911番(日本の消防救急119番に当たる)に緊急通報したのは、現地時間25日午後12時21分(日本時間26日午前4時21分)だった。以下はその時のテープと和訳である。

なお、英文のトランスクリプトはAPのそれを下敷きにしたが、一部カット、文法修正などの編集がされていたので、ここでは実際の会話に則してできるだけ忠実に書き直してみた。緑色表示はスタッフ。


「Raw video: The Jackson 911 call」by AP - 2009年6月26日掲載 -


Fire and paramedics 33. What is the address of the emergency?
  • こちら消防救急33分署です。緊急事態が発生した住所はどこですか?

Yes sir, I need to, I, uh, need an ambulance as soon as possible, sir.
  • 救急車を至急お願いします。

OK, sir. What's your address?
  • 了解。住所を教えて下さい。

It's xxx North Carolwood Drive, Los Angeles, California, 90077.
  • 郵便番号90077、カリフォルニア州ロサンゼルス、ノース・キャロルウッド・ドライブ、xxx番地です。

You said Carolwood?
  • キャロルウッドですか?

Carolwood Drive, yes.
  • キャロルウッド・ドライブです、はい。

OK, sir. What's the phone number you're calling from?
  • 了解。電話番号を教えて下さい。

Sir, (deleted).
  • (以下は個人の電話番号のため削除)

And what exactly happened?
  • 何が起こったのか具体的に教えて下さい。

Sir, I have a, we have a gentleman here that needs help and he's not breathing yet. He's not breathing and we need to, we're trying to pump him but he's not. He's not.
  • ここに助けが必要な男性がいます。彼はまだ息を吹き返さないのです。息がなくて心臓マッサージを試してますが、息がありません。息がないんです。

OK, OK, how old is he?
  • わかりました。男性は何歳ですか?

He's uh, 50 years old, sir.
  • 50歳です。

50? OK. He's not conscious? He's not breathing?
  • 50歳ですか。彼は意識はないのですか? 息はないのですか?

Yes, he's not breathing, sir.
  • はい、息はありません。

OK, and he's not conscious, either?
  • 了解。で、意識もないのですか?

No, he's not conscious, sir.
  • はい、意識はありません。

OK. All right. Do you have him, is he on the floor? Where's he at right now?
  • 了解。わかりました。彼は床の上ですか? 今、どこにいます?

He's on the bed, sir. He's on the bed.
  • ベッドの上、ベッドの上です。

OK, let's get him on the floor.
  • 了解。では、彼を床の上に移して下さい。

OK.
  • はい。

Let's get him down to the floor. I'm going to help you with CPR right now, OK?
  • 彼を床の上に下ろして下さい。今からCPR(心肺機能蘇生法)のやり方を教えますのでやって下さい。いいですか?

We need them. We...
  • あの、救急車をお願いしたいんですが。

We're on our way there. We're on our way. I'm going to do as much as I can to help you over the phone. We're already on our way. Did anybody see him?
  • 救急隊はそちらに向かっています。向かっていますよ。私は、電話を通じてできる限りのことをしようとしているのです。救急隊はすでに出ていますよ。誰か彼を見ていましたか?

Yes, we have a personal doctor here with him, sir.
  • はい、ここには彼の主治医がいます。

Oh, you have a doctor there?
  • そこには医者がいるのですか?

Yes, but he's not responding to anything. To no, no, he's not responding to CPR or anything.
  • はい。でも、反応がないんです。CPRにしろ何にしろ、彼は反応しないんですよ。

Oh, OK. Well, we're on our way there. If your guy's doing CPR as instructed by a doctor, he's a higher authority than me. And he's there on scene. Uh, did anybody witness what happened?
  • 了解しました。救急隊はそちらへ向かっています。医者の指示に従ってCPRをやっているということなら(それでいいと思います)。医者は私よりも権限がありますし、彼はその場にいるわけですから。ええと、何が起こったのか目撃した人はいますか?

Uh, no, just the doctor, sir. The doctor's been the only one here.
  • いいえ、医者だけです。医者しかここにいませんでした。

OK, so did the doctor see what happened?
  • 了解。それで、医者は何が起こったのか見ていましたか?

Uh, um, Doctor, did you see what happened, sir? (... They need to come!) Sir, if you just, uh, um, if you can please...
  • ええと、ドクター、何が起こったのか見ていましたか?(とスタッフが医者に問いかけると、背後で誰かが「救急車を早く!」と叫び返す)とにかく、(救急車を)なんとか・・・

We're on our way. We're on our way. I'm just, I'm just passing these questions on to my paramedics while they're on the way there, sir.
  • 向かっています。そちらに向かっています。救急車がそちらに向かっている間に、これらの質問をして救急隊員に知らせようとしているだけなのですよ。

Thank you sir. He's pumping, pumping his chest but he's not responding to anything, sir please.
  • ありがとうございます。医者は男性の胸を押してるんですが、何をしても彼は反応しないんです。

OK, OK. We're on our way. We, we're less than a mile away. We'll be there shortly.
  • 了解。救急隊はそちらに向かっています。我々は1マイル(約1.6キロ)も離れてませんから、間もなくそちらに到着しますよ。

Thank you, sir. Thank you.
  • ありがとう、ありがとうございます。

OK, sir, call us back if you need any help.
  • 何かありましたら、またお電話下さい。

Yes, sir.
  • はい。


スタッフらの切羽詰まった様子がひしひしと伝わってくる内容であるが、救急隊がマイケルの自宅に到着したのは8分後(午後12時半頃)だったそうだ。救急隊はその場で42分間、心肺停止状態だったマイケルを蘇生させようと努力したが失敗。その後、マイケルはカリフォルニア大学ロサンゼルス校(UCLA)の付属病院へ搬送され、そこでも1時間以上にわたり、心臓への電気ショック、呼吸管の挿入、その他の対症療法が試みられた。しかし、彼は蘇生することなく、25日午後2時26分(26日午前6時26分)死を宣告された。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/371-106446b4

0件のトラックバック

3件のコメント

[C209]

未だに信じられないなぁ・・・

ぱっと蘇りそう・・・  蘇ればいいのに・・・
  • 2009-07-21
  • 匿名
  • URL
  • 編集

[C211] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[C728]

マイケルはいつだったか来日した時、突然、日本のスタジオに取り巻き達を連れてやってきたね。
SMAPの連中が驚いていたのを覚えてる。
あれは彼なりの日本のファンに対するお別れの挨拶だったと思ってる。
  • 2015-08-06
  • 匿名
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR