Entries

大恐慌時代のテント村がアメリカに帰って来た!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[アメリカ発] 金融危機以来、不景気に苦しむアメリカでは仕事も自宅も失い、ホームレスに転落する人々が激増し、あちこちの都市にテント村が出現していると言われるが、これからお伝えするニュースは、そこで生活するホームレス達を取材したものだ。レポーターが訪れたのは、カリフォルニア州の首都サクラメントにあるテント村の1つ。


「Shanty towns: Images of the Great Depression return」by NBC Today
- 2009年3月9日(?)放送 -


「ここは社会のどん底さ。これ以上悪くなりようがないね」と言うのは、鉄道線路沿いに広がるテント村に転がり込んだジムさん。

彼は30年間建築業界で働いてきたそうだが、6ヶ月前仕事が途切れてしまったという。「以前は、屋根のある所に住んで、電気も通ってたし、自分専用のトイレ、ニュースを見るためのテレビも持ってたんだけどね。こんな風になるなんて、夢にも思わなかったさ」という彼は、今は小さなテントで雨露を凌ぐ身だ。

ジムさんは、週に2つから5つの建設会社を訪れては仕事を探しているが、どこも首を横に振るだけだという。

サクラメントにいる2,000人のホームレスの内、300人がこのテント村に住んでいるが、その数は日ごとに増えつつある。

このテント村の人々の多くがそうだが、月々の給料で食いつないでいる中産階級の人々は、一旦失業すると住む家も失い、どこにも行く所がない。現在、サクラメントのシェルターはどこもホームレスで溢れかえっているが、シアトル(ワシントン州)、リノ(ネバダ州)、ナッシュビル(テネシー州)でも事情は同じだ。

「これ以前、ホームレスだったことはありますか?」というレポーターの質問に、「いいや。考えたことすらなかったね」と答えるのは、コービンさん。

彼は妻のティナさんと共に数ヶ月前このテント村に流れて来たが、それまでは車の販売業をしていて豊かな暮らし向きだったという。

「突然テントに引っ越すなんて、とても衝撃的なことでした。いろいろと新しいことを学ばなきゃなりませんし。開拓時代のようなもんですよ。あらゆることが困難なんです」とティナさんは言う。

マットレスの上に毛布6枚にくるまって寝ても寒い夜もあり、トイレとシャワールームは少なくとも1マイル(約1.6キロ)先まで行かないとない。

また、食事の支度というと、鍋代わりのコーヒー豆の空き缶に、水、ポテト、玉ねぎ、缶詰のトマト等スープの材料を入れて、野外でおこした火の上にかざし、ぐつぐつ煮込むといった調子だ。

元NBAプロバスケットボール選手で、現在サクラメントの市長(2008年11月就任)を務めるケビン・ジョンソン氏も取材を受けているが、彼自身同市の出身で、高校時代の同窓生の中に何人かホームレスがいると話す。彼は、ホームレスの問題はこれまで臭い物に蓋で隠されてきたと批判している。

なお、レポートの冒頭でこれらテント村の出現は大恐慌時代を思い出させるものとのコメントが当時のモノクロ写真と共に付いていた。男性アンカーが最後に言及していたが、アメリカには給料の支払いが2回途切れるだけでホームレスに転落する人々が、膨大な割合でいるそうだ。

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/323-9b164f46

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR