Entries

ヒートアップするイスラエル対ハマスの情報合戦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[イギリス発] 昨年12月27日に突如、イスラエルのガザ空爆が始まったわけだが、このニュースを聞いた筆者の反応は「またか」だった。2006年夏のレバノン侵攻そして停戦以降、大人しくしていたと思っていたらこの騒ぎ。

筆者には、中東和平をアジェンダの1つに掲げるオバマ次期米大統領を牽制、「俺たちゃ、和平なんか望んでないんだ」というイスラエルの意志表示に見えるのだが、どうだろうか? 当のオバマはこれを見ても沈黙を守るのみ。こんな体たらくじゃ、彼の政権になっても「チェンジ」はあまり期待できないかもしれない。

そういえば、昨年のクリスマスあたりから、SBMにホロコースト関連の記事がちらほら上がっていた。タイミングがタイミングなだけに、イスラエルの情報工作の一環?だなんて勘ぐったりもする。

それはともかく、今回のガザ空爆と侵攻を契機にインターネット上の情報戦も激化しているようだ。イスラエル軍(IDF)は12月29日ユーチューブに独自のチャンネルを設置し、イスラム過激派ハマスのインフラ爆撃の模様を収めたビデオを次々とアップロードしている。また、ニューヨークのイスラエル領事館は、Twitter上で世界初と言われる記者会見を開いてもいる。

SNSのFacebookでは親イスラエル派と反イスラエル派の間で論争が巻き起こっているそうだ。

一方、ハマスはというと、これもオンラインでの活動を活発化している模様。自分たちの大義の味方になってもらおうと、メディア担当が撮影した民間人死傷者の衝撃的画像や映像を使っているらしい。これらの画像はイスラエルの破壊を呼び掛けるメッセージと共に方々のイスラムのウェブサイトにもアップされているとか。

また、ハマスを支援するハッカーたちは、イスラエル人が運営するサイトをターゲットにゲリラ戦を展開しているそうだ。紛争が勃発した週末だけで、約300の様々なサイトが改変されたり閉鎖されたりしたと伝えられている。

以上、ここまでの情報合戦のニュースは英国のクオリティペーパー『タイムズ』のオンライン記事から拾ったものだが、記事の書きっぷりは明らかにイスラエル寄りだ。先にあげたIDFチャンネルへのリンクもちゃんと貼られているのに対し、ハマスのサイトへのリンクは貼られておらず、サイトのアドレスも記載されていない。

そこで、筆者はハマスのサイトを探すべく検索をかけてみたのだが、それらしいものを見つけることはできなかった。アラビア語のみで書かれているとしたら検索のしようがないのだが、サーチエンジンに弾かれてでもいるのだろうか? 紛争の最中だけに、ハマスのサイトがSBMに上位ブックマークされてもよさそうなものだが、それも見かけない。

そんな中、SBMで唯一見つけたのが「パレスチナ人の代理として」と題するブログ記事(2008年12月31日付け)。オーサーは英オックスフォード大学教授でイスラム教神学者のタリク・ラマダン氏だ。彼は同志社大学の上級研究員も兼ねている。日本語圏でもパレスチナ発信の情報が限られているようなので、和訳して当ブログで公開することにした。ちなみに、ラマダン氏はスイス生まれ、父親はエジプト出身とのこと。

タイムズ紙にも書いてあったが、ネット上のPR合戦でもハマスはイスラエルの組織力と洗練度において劣っているのは否めない。イスラエルは外国の記者はもちろんのこと、自国の記者ですらガザ地区への立ち入りを禁止し、パレスチナ側の声がマスコミを通じて伝わってこないというのも打撃だ。ラマダン氏もパレスチナ側にとり情報戦がいかに大事か力説している。ぜひ御一読を。


パレスチナ人の代理として

驚き、はらわたが煮えくり返ることだが、パレスチナ人が関わることには我々の記憶力と平衡感覚は機能しなくなるようだ。ユダヤ人は、世界列強そしてその国民たちに、[ユダヤ人が]過去に受けた残虐行為や大虐殺を決して忘れないよう求めて来た。ところが、イスラエルの政策については、すべての平衡感覚を捨てて結論を急ぐことを期待される。突然、イスラエルとパレスチナは2つの同等の力を持つ交戦国と見なされるのだ。6ヶ月の停戦後、紛争当事者の一方(パレスチナ人)はロケット弾を発射することで停戦を破ったと言われている。攻撃された被害者(イスラエル)はただ自己防衛のために行動しているだけなのだーーブッシュ政権と多くのヨーロッパ各国政府の全面的な支持の元、イスラエルが世界に向けて発信、無頓着でイスラエルに加担する西側メディアが中継する言い分を、もし我々が信じればの話だが。最も勇気あるメディアでも、イスラエルの「過度の」反応を指摘する気にはほとんどなれないようだ。何という勇気!

そして、とりわけ、何という嘘! 数十年もの間、ハマスが勢力を得るずっと前から、パレスチナの人々はその尊厳を踏みにじられ、正当な権利を拒否されてきた。オスロ「平和」合意から一連の交渉(妥協であることの方が多かったが)に至るまで、繰り返し反故にされた約束から報道陣が大騒ぎした撤退計画に至るまで、パレスチナ側の代表は何一つ達成してはいない。イスラエル政府は、左であろうと右であろうと、時間稼ぎをし、嘘をつき、即座に敵を処刑し、パレスチナの一般市民の死をイスラエルの安全のためのコラテラル[不運な巻き添え]として片付ける一方で、[占領地域における]不法な入植地を拡大し続け、「既成事実」を作り上げる政策を推進してきた。占領下パレスチナの国連人権特別報告者、リチャード・フォーク氏を含む多くの専門家たちは、イスラエルの政策がジュネーブ条約に違反していること、そして、それは当初の段階から[パレスチナをアラブ、ユダヤの二ヶ国に分割するという]二ヶ国解決策をほとんど不可能にしたことを認めている。

イスラエル政府は、(国連総会の決議と国際法廷を完全無視し)ヨルダン川西岸に住むパレスチナ人たちを壁で囲い込んだ。また、ガザのパレスチナ人たちを封鎖、包囲攻撃し、食糧や医薬品・医療の不足を招き、大量失業[70-80%]を生み出した。絶望状態を作り出したのである。国際人道援助機関の活動も厳しく制限され、非常に必要とされる食糧供給もままならない。6月19日から12月19日までの[エジプトの仲介による]停戦は、封鎖解除とガザーエジプト国境検問所の再開を条件としていたが、イスラエルもエジプトもこれらの条件を順守しなかった。パレスチナの人々は、何週間、何ヶ月、何年もの間、非人道的な扱いを受けてきた犠牲者なのだ。我々の目前で現在繰り広げられている虐殺を正当化するため、これらの現実を無視するべきなのだろうか? ロケット弾がガザから発射されたからといって、パレスチナ人の災難は彼ら自身にその責任があるのだろうか? 記憶力の減退はすべての平衡感覚の喪失により悪化している。現在、イスラエル政府の命令により、イスラエル人犠牲者数の100倍、200倍、300倍のパレスチナの一般市民が殺されているのだ。

イスラエルはアメリカの支持とヨーロッパ各国政府の沈黙に守られ、「国際社会」に対する軽蔑を堂々とひけらかしている。効果的なコミュニケーション戦略と(いつも偽情報を流している)無頓着なメディアのおかげで、イスラエル政府は時間を稼ぎ、150万人の人々を非人道的な包囲攻撃し、そして、今、大虐殺することが許されている。我々は傍観者に成り下がり、我々の「中立性」は良心の呵責から我々を守っているというわけだ。何百人ものパレスチナ人の死が、来るべき選挙[2月実施]を視野に入れて、精神力と決断力を[選挙民に]誇示したいイスラエルの指導者たちの政治的打算によって決められることを我々が理解する時、皮肉が頂点に達する。2006年夏のレバノンでの混迷は修正されなければならないのだ。任務達成。イスラエル人の80%がガザでの殺戮行為を支持している! ゾッとする!

東洋にしろ西洋にしろ、政府や国家の反応を見ていて、我々は「国際社会」から何かましなことが期待できるだろうか? 国際社会のしてきたことと言えば、加担者としての後ろめたい沈黙、偽善、持久戦術、パレスチナ人人命の軽視のみだ。彼らの理想的な解決とはヨルダンやレバノン[にパレスチナ人を押し付けること]、あるいは「永久に暫定の」難民キャンプ[つまり、パレスチナ人の国家は認めないということ]なのだ。イスラエルの暴力的で過激主義的な政策に対する国際的な非暴力の抵抗運動を展開する時がやって来た。記事を書いたり、会議を開いたり、パレスチナ人擁護のためのデモをしたり、既存組織の活動の相乗効果を向上させたりして、綿密に正確な情報を継続的に流すことでパレスチナ問題について関心を得るようにし、国際世論を集結しなければならない。これだけは分かっている。パレスチナ人はたわんだりはしても、決して折れることはないのだと。我々は彼らの正当な権利を守り続けなければならない。世界中で、断固とした平和的な方法で彼らの抵抗を支援する必要がある。イスラエルは、その畏怖すべき武力にも拘らず、紛争で勝ってはいない。イスラエル社会は深まる危機に直面している。イスラエルの国家と国民は、パレスチナ人の正当な権利と尊厳を認めない限り、彼らにとり安全な未来はなく究極生存することも許されないのだということを一日も速く悟るべきだ。時間稼ぎ、現実無視、「衝撃と畏怖」、流血と殺戮の戦略は決して勝利を保証しはしない。それどころか、それは敗北への道なのだ。

注)[ ]内の注釈は筆者による。


ソース



追記



ガザの惨状を伝えるTVニュースのクリップが5日付けでユーチューブに投稿されていたので、ここに貼付けておく。ビデオの冒頭に写し出されるのは、1時間余り前、イスラエル軍に空爆されたアパートだ。空爆された時、アパートの屋上では子供たちが遊んでいたそうだ。同時に、近くのマーケットも空爆された。これらの爆撃で10-15人が死亡、50人が負傷した。

インタビューに答えるのは、ノルウェー人医師、マッズ・ギルバート氏だ。12月31日にガザに到着して以来、24時間体制で病院に運び込まれて来る怪我人の手術を執り行っているという。彼は、これはケージに閉じ込められ逃げ場のない一般市民を標的にした全面戦争だとイスラエルを強く非難している。

2009-01-08 09:00


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/291-2fa520ba

1件のトラックバック

[T118] ガザ侵攻 - 既にインターネットは戦場の一部になっている。

少しだけ、最近気になるニュースについて、個人的にまとめてみます。まとめといっても、取り留めのない散文で、他のこの問題を扱っている...

2件のコメント

[C149] 皮肉な感

私は以前より欧米のメディアのイスラエルに対し、明らかに偏執的と思える程の被害者扱いに嫌気を感じいた。

 そんななかで、この記事は素晴らしいものと感じる反面、問題の発端となる ”三枚舌外交”  のイギリスからと考えるとシニカルな感じがする。

[C150]      

こういう記事読みたかったです。
ありがとうございました。
  • 2009-01-08
  • 匿名
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR