Entries

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/245-d73ba4d9

-件のトラックバック

-件のコメント

[C81]

次は別々に生まれてこれますように。

ご冥福をお祈りします。
  • 2008-08-30
  • 匿名
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

バングラデシュで頭2つの赤ちゃん誕生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

バングラデシュで頭2つの赤ちゃん誕生


[バングラデシュ発] 首都ダッカから135キロ離れたケシャブプールにあるクリニックで、去る25日、頭を2つ持つ男の赤ちゃんが生まれた。22歳の母親から帝王切開で取り出されたそうで、体重は5,500グラム。キロン君と名付けられた。

かつて、バングラデシュやインドでは奇形児が生まれると現人神として歓迎する向きがあったのだが、双頭の赤ちゃんが誕生したというニュースが流れると、大勢の人々が赤ちゃんを一目見ようと押し寄せ、その数、なんと15万人にも膨れ上がったという。

危険を感じたクリニック側は事態を収拾するため警察を呼び、また母子は近郊の町ジェソールの病院に移動させた。現在、母子の安全確保のため、病院には警官隊が24時間態勢で配置されている。

クリニックの担当医、モハマド・アブドゥル・バリ氏によると、赤ちゃんの胃袋は1つで、授乳は2つの口を通して通常通り行われているそうである。また、生殖器は1つで手足も一対ずつとのこと。

赤ちゃんは1つの胚から生まれているものの、発育異常があったと見られている。現在、病院では赤ちゃんの生存が可能かどうか診察中だそうだ。

ソースの画像にはキロン君の寝顔がアップで写っているが、並ぶ顔は瓜二つである。また、ソース文には「he」という代名詞が使われているが、正直なところ、筆者は違和感を持ってしまった。2つの頭があるということは2つの人格があるということ。「they」のほうがしっくり来るのだが。名前も1つでいいのだろうか・・・。

ソース



追記 ソース2の記事が同じアドレスのまま、内容が下記のように更新されている。


これによると、キロン君は27日遅くに死亡していたようだ。小児科医、K・S・アラム氏の話では、病院側は彼をダッカの病院に入院させることを勧めたが、両親は金銭的余裕がないとして断り、彼を自宅に連れて帰ったそうだ。

しかし、その後キロン君は熱を出し、呼吸困難に落ち入って息を引き取ったという。

インドの経済紙『The Economic Times』も双頭児の死を伝えているが、微妙に他2紙と報道内容が違う。


例えば、赤ちゃんの生死について、誕生したのは26日で体重は4,500グラム、死亡したのは28日と食違う。また、父親が農業に従事していること、母親の名がプトゥル・ビスワスさんであることも伝えている。

バリ医師が、キロン君の生存の可能性について当初から悲観的だったことも伝えている。

また、病院を取り巻いていた群衆が悲報を聞いて嘆き悲しんだ様子も詳しく報道している。

いずれにしろ、赤ちゃんはわずか3日の命を閉じてしまった。キロンとはベンガル語で光を意味するそうである。

2008-08-29 15:00


関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/245-d73ba4d9

0件のトラックバック

1件のコメント

[C81]

次は別々に生まれてこれますように。

ご冥福をお祈りします。
  • 2008-08-30
  • 匿名
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。