Entries

元妻に復讐するため、生命保険を解約して自殺した男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[イギリス発] 先日、妻の目前で車とロープを使い断首自殺したポーランド人男性の事件をお伝えしたが、別れた妻に復讐するため同様の方法で自殺した男性が英国にもいた。ただし、事件は約1年前に遡るのだが。

ジムのオーナー、ジェラルド・メリンさん(当時54)が車内で自殺したのは昨年9月14日早朝のことだった。場所は南ウェールズ、スウォンジー、大通りの交差点近くでだった。彼はロープの一端を木に結びつけた後、車に乗り込み、ロープのもう一端を自分の首に巻き付け、車を急発進させた。

ちなみに、彼の車はオープントップタイプのアストンマーチンDB7で、時価90,000ポンド(約1,900万円)もする高級スポーツカーだったそうだ。

ちょうどそばを通りがかった救急車が異変に気付き、警察に通報。道路の一部は、現場検証のため封鎖された。

メリンさんは当時、離婚したばかりの妻のミリエルさん(33)とニースにあるジムを共同経営していたが、多額の借金を抱え込み、おまけに子供のころからの精神的問題にも苦しんでいたという。

彼が自殺する前日、ミリエルさんは元夫と法廷で争っている。家計費の請求書が彼女名義になっていたからだ。裁判所は毎週100ポンド(約21,000円)上乗せしてミリエルさんに支払うよう彼に命じた。彼女は、元夫がどれほどの借金を抱えていたか彼の死後まで知らなかったらしい。また、彼がすべての生命保険を解約していたことも後になって知ったという。

法廷審問の後、カップルはパブの駐車場で会ったそうだが、その時ジェラルドさんは彼女に家を明け渡し、ビジネスからも手を引くよう迫ったそうだ。どうやら、家やビジネスを売却して借金の清算をするつもりだったようだ。

「きっぱり断りました」とミリエルさんは言う。「すると、またかんしゃくを起してしまって。彼は車のトランクを開けて『ロープがあるんだ。これで自殺するつもりさ』と言ったんです。『大人になんなさいよ。さあ、ロープを渡して』って言ったら、彼は笑うだけでした」

その日の夜遅く、ホテル住まいをしていたジェラルドさんは、ミリエルさんに「おめでとう、XXX」というメールを送ってきたという。また、ジムのスタッフに「彼女(元妻)は当りくじを引いたよ」と言ったとも伝えられている。

ミリエルさんとジェラルドさんにはそれぞれ離婚歴があるが、2人は2002年に結婚式を挙げた。5年後に離婚した後も、ミリエルさんは子供2人と共にニース近郊の豪華なファームハウスに住み続けていた。彼女はジェラルドさんとの結婚生活はほとんど地獄みたいなものだったと述べている。

ある時など、彼は台所の引き出しからナイフを取り出したかと思うと、自分の腕の周りにぐるりと切りつけ、血まみれになったことがあるという。また、3年程前には酒に酔ったあげく馬小屋に入り込み排ガスで自殺しようとしたこともあったそうだ。

このように、ジェラルドさんには自傷癖があったようだが、助けを求める叫びだったんだとミリエルさんは理解していたという。

ジェラルドさんは膨大な額の借金を残して逝ってしまい、保険金も入って来ないと分かった今、ミリエルさんは借金返済のためファームハウスを売らなければならなくなった。彼女の当りくじとはこのことだったのだ。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/236-1b19a79d

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR