Entries

ミシュラン3つ星レストラン「エル・ブリ」で食事後、忽然と消えた男

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ミシュラン3つ星レストラン「エル・ブリ」で食事後、忽然と消えた男


[スペイン発] 食い逃げ? と思わせるような記事タイトルだが、今日取り上げるのはインターポール(国際刑事警察機構)が捜査中の謎の失踪事件である。世界各地のミシュラン3つ星レストラン68軒を巡るグルメ旅行中だったスイス人男性が、40軒目に訪れたレストラン「エル・ブリ」から忽然と姿を消してしまったのだ。

エル・ブリ(またはエル・ブジ)はスペイン北東部のカタルーニャ州の沿岸部、コスタブラーバにあるが、パスカル・ヘンリーさん(46)はそこで食事を終えた後、勘定を支払う前に失踪してしまったという。彼が座っていたテーブルには彼の帽子、写真数枚、そして手帳が残されていた。手帳には、これまで彼が食した数々の料理のメニューが書き込まれており、世界の超一流シェフたちのサインのコレクションも含まれていた。

パスカルさんが失踪したのは6月13日。それ以来、彼の足取りは途絶え、予約していた残りの28軒のレストランにも姿を見せていない。彼の職業はメッセンジャー(配達人)で、7月15日、職場に復帰する予定だったが、そこにも現れなかった。この段階で、彼の親族は警察に通報。現在、インターポールが失踪事件として彼の行方を追っている。

美食家のパスカルさんは、世界9カ国を股にかけるグルメツアーのために何年も前から貯金をし、ツアーでは1日平均1軒のレストランを訪れるスケジュールを立てていた。

彼のツアーは、5月5日フランス、リヨン近郊にある有名シェフ、ポール・ボキューズ氏が経営するレストランでのディナーを皮切りにスタート。フランス、イタリア、ドイツ、そしてオランダ各地のレストランを車で移動しながら訪問した後、スペインに足を伸ばした。この後、パスカルさんはアメリカと日本を訪れ、最後にフランス、パリのプラザ・アテネで食事して旅を締めくくる予定だったという。

エル・ブリには、彼は6月12日予定通り到着している。




ここで、少しこのレストランについて解説しておこう。料理長は、世界で最も独創的なシェフと言われるフェラン・アドリア氏で、1997年にミシュランの3つ星を獲得。また、英グルメ雑誌『Restaurant』による審査員投票でも、2002、2006、2007、2008年の合計4回、世界一のレストランに選ばれるという快挙を成し遂げている。

レストランの営業は4〜9月までの半年間に限られ、予約は前年の10月の特定の1日のみ受け付けるそうである。ワンシーズン8000人分の予約しか受け付けないところ、80万人もの人々が予約を入れようと電話してくるそうで、世界で一番予約が取りにくいレストランとも言われている。食事の費用は平均250ユーロ(約4万2000円)。それでもレストラン自体は赤字経営で、営業利益はもっぱら書籍の出版やアドリア氏の講演から生まれているという。2008年4月現在、42人のシェフが同レストランで働いている。(参照

そんな世界一のレストランのテーブルに座ったパスカルさんは、きっと期待でワクワク、ドキドキしながら、ディナーに挑んだのではないだろうか。ソース記事には彼がどんなメニューを注文したのかまでは書かれていないが、彼がデザートのプリンを食べ終えたのは、ちょうど午前零時過ぎだったそうである。その頃、彼は隣のテーブルに座っていたカップルと会話を始めている。

地元の警察によると、彼はカップルに自分の名刺を渡そうとして、ジャケットのポケットをまさぐったが、その時、財布がないことに気付いたという。彼はレストラン従業員の許可を得た後、財布を探しに外に止めてある自分の車に向かったそうだ。

しかし、それっきり彼は二度とレストランに戻ってこなかった。5時間後、レストラン側は警察に通報しているが、彼の足取りは全く掴めなかった。


事件を報道するカタルーニャ語放送(CANAL NORD TV)


実は、パスカルさんには同じような前科があり、彼がまだ10代の頃、アメリカを旅行中、数カ月間行方をくらましたことがあったそうだ。また、彼の元妻は彼は秘密の多い男とスイス報道機関のインタビューに答えている。しかし、インターポールに捜査を要請した彼のおじは、あんなに綿密に計画したツアーを途中で断念するとは思えないと反論している。

金を使い果たした、財布を盗まれた、誰かに襲われた等、パスカルさんの失踪は本国スイスでいろんな憶測を呼んでいるようだ。

彼は近くの崖から落ちたのではないかという憶測もあるが、これについては、レストランのマネジャー、フリ・ソレール氏は「テラスは満席でした。(もし、そうだったとしたら)誰かが気付いていたはずです」と頭から否定している。

ボキューズ氏は、パスカルさんが彼のレストランを訪れた際、彼が食した料理の献立表を書き込んだ手帳をプレゼントし、彼とツーショットの記念写真まで撮っている(トップ画像)。また、同氏は残りの67軒すべてのレストランにファックスを流し、パスカルさんを特別の配慮を持って歓待するよう依頼もした。

「彼を助けようと決めたんです。興味や関心を分かち合える相棒なしに、一人でレストラン巡りをするのは容易なことではありませんからね」とボキューズ氏は説明する。「手帳を残して蒸発できるはずはないでしょう」と言う同氏は、エル・ブリに電話して捜査に協力するよう頼んだという。

以上が事件の概要だが、パスカルさんは車ごと失踪したのか、あるいは車を残して失踪したのか、ソース記事からはどちらなのか判然としない。いったい、彼はどこに消えたのか? まさに現代の神隠しである。


お知らせ海外仰天ニュース系ブログの老舗『がらくたGallery』は、今夏、同系ブログのブロガーを毎日曜日インタビューするという特別企画を開催中だ。これまでに登場したゲストは『どうでもいいこと』、『HEAVEN』、『なんでも評点』。それぞれのブロガーの素顔が垣間見えるようで、興味深い内容となっている。オモロイドにも声をかけて頂き、企画第4段目のゲストとなった。掲載日は8月3日。ココをクリックすると私のインタビュー記事に直行だ。


ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/232-81931aa9

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR