Entries

お茶に招待したつもりが、友人の愚痴を延々と30時間聞くハメになった主婦

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ドイツ発] イングリッド・シュトラーさん(主婦、48)が女友達をお茶の時間に招いたのは4日のこと。金曜日の午後のひと時を、彼女とおしゃべりでもして楽しく過ごすつもりだった。

友人は喜んで誘いを受け、彼女のアパートを訪れた。イングリッドさんはお茶を入れ、ケーキを切って友人をもてなした。たわい無い世間話をしているうちに、イングリッドさんは友人にいつもの元気がないことに気付いた。

「どうしたのよ、浮かない顔して?」という彼女に、友人は「実は・・・」と口を開いた。持つべきものは友である。そして、友人は堰を切ったように、自分が抱えている悩みを彼女にぶちまけた。

イングリッドさんも最初のうちは真摯に耳を傾け、女友達の愚痴に付き合っていたが、時間が経つにつれ、だんだんと苦痛になってきた。そろそろお開きにしたいと、それとなく友人に伝えたが、気がつかないのか友人はなおも話しを続ける。

ふと窓の外を見ると、もう日はどっぷりと暮れていた。その後も何度か、イングリッドさんは家に帰るよう促したのだが、友人はなおも居座る。うんざりしたイングリッドさんはもう話しなど聞いていなかった。それでも、友人は自分の話しが堂々巡りしていることにも気付かず、ますます話しに夢中になっている。

そして、「お茶の時間」は深夜になっても止まず、そのまま翌日の朝まで続行した。なお、元記事にはイングリッドさんの家族はまったく登場しないが、その日はたまたま彼女しか自宅にいなかったのかもしれない。

まあ、週末、友達の家にちょっとおじゃまするつもりが、お泊りして翌朝まで話し込んでしまった、なんてことはありがちではあるが、このケースはここで終わらない。イングリッドさんの友人は、その後も延々と愚痴り続けたのである。

昼を過ぎ、またぞろ日も傾いて来ていた。時計を見ると、友人の来訪からすでに30時間が経過していた。耐えきれなくなったイングリッドさんは、受話器を取り上げ救急車を呼ぶことにした。その時、彼女は友人に帰ってもらうには、そうする以外に方法はないと思ったらしい。

しかし、駆けつけて来た救急隊員たちは、彼女の客人をアパートから連れ出すことを拒否した。仕方なく彼女は、今度は警察を呼び出し助けを求めた。友人は警官たちに説得され、パトカーで自宅まで送り届けられたという。ヤレヤレ

シュパイヤー市警の話しでは、友人は刑事罰に問われることはないそうだ。なお、今回の記事は、筆者がソース記事をもとに脚色を加え物語風に書いたものである。

ソース
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/221-51bcb969

0件のトラックバック

1件のコメント

[C77] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR