Entries

オバマ候補の師、ライト牧師の「問題発言」特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[アメリカ発] 米大統領選、民主党候補指名争いで、ヒラリー・クリントン氏に対し優勢を保ってきたバラク・オバマ氏だが、ここに来て最大のピンチに立たされている。理由は、彼が20年以上にわたり師と仰いできたジェレマイア・ライト牧師(66)の問題発言だ。同牧師が、教会に集まった信者を前に、米政府や白人を激しく批判する様子が、3月14日いっせいにテレビで流されのだ。

ユーチューブにもそのビデオクリップが多数投稿されているが、検索トップに引っかかった、ライト牧師の問題発言部分のみを複数のニュース番組(といってもFOXばかりだが)から切り貼りして作ったとみられるビデオクリップを、ここで取り上げてみたい。発言内容とその邦訳は以下の通り。


ジェレマイア・ライト牧師による問題発言集


発言内容とその邦訳We have supported state terrorism against the Palestinians and black South Africans. And now we are indignant because the stuff we have done overseas is now brought right back into our own front yards. America's chikens are coming home to roost.

我々はパレスチナ人や南アフリカの黒人に対する国家テロを支援してきた。そして、今や我々は、国外でやってきたことが我々の前庭に持ち帰られたので憤慨している。アメリカの鶏たちがねぐらに帰って来ているわけだ。(911テロ事件を指しているものと思われる)



(The government) gives them the drugs, builds bigger prisons, passes a three-strike law and then wants us to sing "God bless America." No, no, no. Not God bless America, God damn America. That's in the Bible for killing innocent people. God damn America for treating our citizens as less than human! God damn America for as long as she acts like she is God and she is supreme!

(政府は)彼等に麻薬を与え(イラン・コントラ事件)、より大きな刑務所を建て、三振即アウト法*を通し、その上我々に『ゴッド・ブレス・アメリカ(アメリカに神の恵みがあらんことを)』**を歌えと言う。そりゃ、ごめんだ。ゴッド・ブレス・アメリカじゃなくて、ゴッド・ダム・アメリカ(アメリカに神の呪いがあらんことを)だ。聖書の中でも、無実の人々を殺すことに対し、そう書かれている。市民を人間以下の存在として取り扱うアメリカに神の呪いがあらんことを! アメリカが神として、そして至高の存在として振る舞う限り、アメリカに神の呪いがあらんことを!

*米国において、過去に二度有罪判決を受けた者が三度目の罪を犯すと罪の軽重を問わず終身刑などの重い刑が科せられるという法律。カリフォルニア州他で施行されている。
**準国歌的な扱いで、アメリカ国民の愛国心を呼び覚ます唱歌。




The government lied about Pearl Harbor. They knew the Japanese were going to attack. The government lied.

政府はパールハーバーについて嘘をついた。日本人が攻撃してくることを知っていたのだ。政府は嘘をついた。



We've got a paranoid group of patriots in power that now in the interest of homeland stupidity, I mean, homeland security ...

被害妄想に凝り固まった愛国者の集団が政権の座についているのだが、彼等はホームランド・ステューピディティ(国土の愚行)と言うか、ホームランド・セキュリティ(国土安全保障)のために現在・・・



The government lied about the Tuskegee experiment. They purposely infected African-American men with syphilis.

政府はタスキギー研究*について嘘をついていた。彼等はわざとアフリカ系アメリカ人男性に梅毒を感染させたのだ。

*アラバマ州メイコン郡タスキギーで、399人の貧しく文盲の黒人男性を対象とし、1932年から1972年までの40年間、米公衆衛生局の医師達が行っていた梅毒の自然経過を観察する研究。



Fighting for peace is like raping for virginity.

平和のために戦争することは、純潔のために強姦するようなものだ。



What's going on in white America, US of KKKA?

白いアメリカ、KKK*のアメリカ合衆国ではいったい何が起こっているのか?

*Ku Klux Klan(クー・クラックス・クラン、3K団)の略称。南北戦争後、白人の優越性を維持する目的で結成された。



Black men turning on black men, that is fighting the wrong enemy. You both are the primary targets in an oppressive society that sees both of you as a dangerous threat.

黒人が黒人を攻撃するなんて、そりゃ、戦う敵を間違ってる。君らを危険な脅威と見なす抑圧的な社会では、君らは共に第一標的なのだ。



We cannot see how what we are doing is the same thing al-Qaeda is doing under a different color flag.

我々は、いかにアメリカがアルカイダと同じ事をしているのか、異なった色の旗の下でやっているだけに、見えていないわけだ。



And guess what else. If they don't find them some weapons of mass destruction, they are going to do just like the LAPD and plant them some weapons of mass destruction.

そしてどうなったと思う? 大量破壊兵器が見つからない場合は、彼等はロサンゼルス市警がそうするように、大量破壊兵器をこっそり仕掛けるわけだ。



God damn America. That's in the Bible for killing innocent people. God damn America for treating our citizens as less than human! God damn America ...

(重複部分のため、邦訳省略)



... for twenty years, causes some white people and some uncle Tom some problem.

(意味不明)、白人や白人に迎合する黒人にとって問題を引き起こす。



Oh, I am so glad that I've got a God who knows what it is to be a poor black man in a country and a culture that is controlled by and run by rich white people.

有り難いことに、金持ちの白人たちに管理され運営される国、文化の中で生きる貧しい黒人男性が、どういう気持ちでいるのかを理解する神が私にはいる。



We have got to change the way we have been doing things as an arrogant racist military superpower.

我々は、傲慢で人種差別的な軍事大国としてこれまで振る舞ってきたわけだが、そんなやり方は変えなきゃならない。



We believe God sanctioned the rape and robbery of an entire continent. We believe God ordained African slavey. We believe God makes European superior to African and superior to everybody else.

我々は、神が大陸丸ごと強奪することを許可したと信じているのだ。神がアフリカの民を奴隷にすることを命じたと信じているのだ。神がヨーロッパ人をアフリカ人やその他の民族よりも優れたものとすると信じているのだ。



Yes, 9-1-1-0-1 happened to us, and so did slavery happen to us. Yes, the World Trade Center happened to us, and so did white supremacy happen to us. Yes, the Pentagon happened to us, and so did the Tuskegee experiment happen to us. Yes, Shanksville, Pennsylvania happened to us, and so did the Sharpeville massacre happen to us.

確かに、911テロ事件は起きたけれど、我々も奴隷としてこき使われた。確かに、世界貿易センターは攻撃されたけれど、我々も白人至上主義のため差別で苦しんだ。確かに、ペンタゴンは攻撃されたけど、我々もタスキギー研究の人体実験に使われた。確かに、ペンシルバニア州シャンクスヴィルに飛行機は墜落したけれど、我々もシャープヴィル大虐殺*で殺された。

*1960年、南アフリカのシャープヴィルで警官がデモ隊に発砲して69人の非武装の黒人が殺された。



A government sponsored religiosity makes you suffer from amnesia.

政府が後押する信仰心のせいで、人々は記憶喪失になってしまっている。



I am sick of negroes who just do not get it. Hillary was not a black boy raised in a single-parent home. Barak was. Barak knows what it means to be a black man living in a country and a culture that is controlled by rich white people.

それがわかっていないニグロには、私はもううんざりしている。ヒラリーは片親の家庭で育ったわけじゃない。バラクはそうだった。バラクは、金持ちの白人たちに管理されている国や文化の中で生きる黒人とはどういうものか知っている。



We cannot see how what we are doing is the same thing al-Qaeda is doing under a different color flag. Calling on the name of a different God to sanction and approve our murder and our (mayhem) ...

我々は、いかにアメリカがアルカイダと同じ事をしているのか、異なった色の旗の下でやっているだけに、見えていないわけだ。異なる神の名のもとに、我々が殺したり(傷つけたり)することを許可、承認し・・・


合衆国再生―大いなる希望を抱いて
ライト牧師の説教は、反政府活動家の演説のような語調だが、アメリカが国内外で行ってきた野蛮な行為を指摘し、そのごう慢な外交方針の転換を訴えるなど、しごく真っ当な発言が多い。これらの発言が問題になるのは、彼がデタラメではなく、本当のことを言っているからではないだろうか。

牧師が今年2月にリタイアするまで36年間在籍したトリニティー統合キリスト教会は、シカゴのサウスサイドにあるのだが、この地域は失業率が高く、犯罪が横行する黒人の貧民街だ。そこの住民でもある信者たちが、どれほど政治に関心を持っているのか筆者にはわからないが、牧師の説教は彼等のガス抜きの役割を果たしていたのではないかとも思うのである。毎週日曜日、牧師と共に政府や白人の悪口で盛り上がることで、日頃の憂さ晴らしをしていたのではないかと。

「金持ちの白人たち」からみれば、黒人教会の牧師の説教など負け犬の遠吠えに他ならず、普段なら一顧だにされないはずだが、今は事情が違う。長引く予備選の中で、ネガティブ・キャンペーンの恰好の材料と見られたのだろう。

人種融和を説くオバマ氏はこのスキャンダルに危機感を持ち、18日、フィラデルフィアの国立憲法センターで、人種問題について自らの考えを明確にするべく演説を行っている。

評論家らは彼の演説を好意的に評価したものの、有権者の反感は払拭することができず、20-22日に集計された各世論調査(ギャラップ、FOXニュース、ラスムセン)では、支持率がクリントン氏にリードされている。4月22日には、ペンシルバニア州で予備選挙が実施されるが、同州の支持率は53対41(クインニピアック大学、18日集計)と大きく引き離された。ライト牧師の問題発言は、オバマ氏に大きな痛手を負わせたようである。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/188-6ec25f26

0件のトラックバック

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR