Entries

スポンサーサイト

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/158-579f859a

-件のトラックバック

[T56] クロアチア代表ユニの着エロで迫る女の子

にしてもかわいいなあ…。なんだこの反則的な顔立ちは!

-件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

男性の背丈が2.5センチ伸びる度、女性の好感度は5%アップ(英研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[イギリス発] 欧米にはスピード・デーティングという、男女の出会いの場を提供するサービスがある。もともと、アメリカでユダヤ人たちの出会いの場として行われたのが始まりだが、それが英国を始めとした欧州にも広まり、最近では日本でもちらほら見かけるようになった。一堂に会した男女が順番にお見合いし、デートしてみたい相手かどうかを見極めるというシステムだ。

こういう場で、男女はいったいどういうタイプの異性を選んでいるのか、気になるところであるが、まさに、それを研究、分析した論文が英エセックス大学の2人の経済学者、ミシェル・ベローとマルコ・フランチェスコーニにより、ドイツの労働未来研究所(Institut zur Zukunft der Arbeit, IZA)のディスカッション・ペーパー(2006年10月出版、第2377号)に発表されている。

彼らの研究は、英国の大手スピード・デーティング・エージェンシーの1つ、SmartDatingUK* から入手した、2004年1月から2005年10月の期間に実施された合計84のスピード・デーティングに参加した男女各1,800人、合計3,600人のデータに基づいている。以下に彼らの研究成果をまとめてみた。

*SmartDatingUKの場合、参加者はインターネットあるいは電話で参加予約をする。参加人数に上限はないが、男女共30人を超えることはほとんどない。また、各イベントは23-35歳、35-50歳等、年齢層別に実施される。参加者は指定された会場(バー・クラブ)に到着すると、各自受付で登録し、テーブルナンバー、自らが選んだ映画俳優の名を仮名として書き込んだ名札、ペンとカードを受け取る。セッションが始まると、男女は3分ずつ異性の参加者と対面する。この時、女性は同じテーブルに座ったままで、男性は3分ごとにテーブルを移動する。1回のセッションで8人とお見合いするのだが、休憩をはさみ通常3つのセッションがこなされる。終了後、参加者はそれぞれ、デートを希望する相手(数に制限なし)の仮名をカードに書き込み、受付に返す。男女双方のマッチがあった場合のみ、後でエージェンシーから相手の連絡先が伝えられる。


女性は選り好みする
「女性は選ぶ性」とよく言われるが、このデータからもそれは如実に見て取れる。女性は平均2.6人(23人中)の男性をデートを希望する相手として選んでいるが、マッチ率は45%である。つまり、女性が選んだ男性の45%もその女性を選んでいるわけだ。これに対し、男性は平均5人(23人中)の女性を選んでいるが、マッチ率はわずか20%である。

約36%の男性と11%の女性は誰からも選ばれていない。また、38%の男性と46%の女性は誰も選んでいない。全体的に見て、各イベントにつき22のマッチが生まれており、平均すると、1人の参加者につき1つのマッチが生まれている計算になる。

年齢と容姿
若くて背の高い男性や若くてスリムな女性は、そうでない男女よりもデートしたい相手として選ばれやすい。例えば、女性の場合、年が1歳増すごとに男性に選ばれる確率は5%ダウンしている。男性の場合は、4%のダウンだ。

また、女性は太り過ぎてしまうと*、男性に選ばれるチャンスが60%もダウンしてしまう。

*同研究で定義している太り過ぎとは、ボディー・マス・インデックス(肥満度指数、BMI)、すなわち(体重(kg) ÷ 身長(m)の2乗)が25以上の場合をさす。

一方、男性の場合、背丈が5センチ伸びるごとに、女性からデートを申し込まれる確率が9%伸びている。これをもう少し細切れにすると、2.5センチ伸びるごとに5%伸びているという計算になる。

何故、男性の身長が女性にチェックされるのかというと、一説には、人類が狩猟採集のみで生活していた太古、上背がある男性は、狩りがうまく栄養が足りているから背が高いというロジックで、男性の背丈は狩りの腕前を測る物差として機能していたものが、女性にインプリントされ現代まで受け継がれて来たからだと言われる。自然淘汰の論理で考えると、上背のある男性に魅力を感じる女性のほうがより多くの食糧に恵まれ子を残しやすかったので、ノッポの男性に惚れやすい気質を伝えるDNAを受け継いだ女性が後世により多く残ったということだろうか。

そして驚くべきことに、経済の工業・サービス化が高度に進んだ現代社会でも、この物差は大昔同様有効のようである。というのも、この研究に使われたデータからは、男性の学歴と身長の間に強い正の相関が認められるからだ。そして、周知のごとく学歴と経済力は正の相関関係にある。従って、男性の経済力はその身長に反映されているというわけだ。(ちなみに、女性の場合、身長・体重と学歴・職業の間に相関関係は見られない)

学歴と職業
高学歴(大卒以上)の女性は低学歴の女性よりも男性に選ばれる確率が10%高い。これに対し、女性が男性を選ぶ場合、学歴そのものにはあまり影響されない。肉体労働者や非熟練労働者の男女は専門職や管理職についている男女に比べてデートに誘われる確率が10%低い。

喫煙
タバコを吸う男女は恋愛市場において若干不利である。喫煙女性はデートに誘われる確率が5%ダウン、喫煙男性は2%ダウンする。


また、この研究では、本人の持つ属性がパートナーに求める属性にどのように影響しているかも分析しているが、その結果、男女共、年齢、身長、学歴等が自分によく似た相手を求めていることも判明した。

年齢と容姿
女性は自分より7センチあるいはそれ以上背の高い男性を好む傾向にあり、自分より背の低い男性とのデートを希望する確率は35%も低い。また、自分の年齢に近い男性を選ぶ傾向にあり、年下の男性を選ぶ確率は27%低く、6歳以上年上の男性を選ぶ確率は44%も低い。

一方、男性は年齢差が5歳以内の年下で身長差が7センチ以内の自分より背の低い女性を好む傾向にある。相手の女性が自分より背が高い場合、デートに誘う確率は27%下がる。

学歴と職業
男女とも、自分より低い学歴の異性よりも同等の学歴の異性を好む。加えて、統計的に有意ではないが、男女双方、自分よりも高い学歴を持つ相手を選ぶ傾向すらある。

これとは対照的に職業については、選ぶ側と選ばれる側に関連性はない。これは何故かというと、職業は的確に把握しにくい属性だからと考えることができる。あるいは、先に指摘したように、身長等の容姿を相手の社会・経済的な地位を推し量る基準にしているため、職業自体はさほど注目されていないとも考えられる。

喫煙
喫煙は望ましい属性とは見られていないが、喫煙する男女は喫煙する相手を好む傾向が見られる(ただし、統計的にみて有意ではない)。


以上だが、英国では女性が男性を選ぶ時、身長が極めて重要な決定要素となっているようだ。日本社会は、似たようなトレンドはあっても、ここまでシビアではないような気がするが、実際のところはどうであろう?

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/158-579f859a

1件のトラックバック

[T56] クロアチア代表ユニの着エロで迫る女の子

にしてもかわいいなあ…。なんだこの反則的な顔立ちは!

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。