Entries

ネットのバーチャル三角関係がリアル殺人に至った顛末

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[アメリカ発] それなりに安定した人生を送る人間が、単調な毎日に飽き足らず、ある日、まったく違う人格になりすまし、ネットで出会った相手とバーチャルな恋をする。読者の中にはそんな密やかな楽しみを持つ人もいるかもしれない。しかし、バーチャルな世界が現実と交錯した時、とんでもないことが起こりえるのである。


海兵隊出身のトーマス・モンゴメリーは、ニューヨーク州北部の小さな町、クラレンスにある電動工具製作所に12年間勤めている。彼は、妻、シンディーと結婚して16年、娘二人の父親でもあった。仕事が終わると、愛犬と散歩したり、娘たちを地元のスイミング・クラブまで送ったりといった日課をこなす家庭人で、遊びと言えば、金曜の夜に仲間とポーカーを楽しんだり、 Pogo.com(無料の会員制ゲーム・ポータル・サイト)でテキサス・ホールデム(オンライン・ポーカー)をやったり、勤め先の会社が主催する恒例のユーカー・トーナメント(これもトランプ・ゲームの一種)に参加するぐらいだった。

赤みがかった口髭を蓄え、腹がでっぱり、髪も薄くなった45歳のモンゴメリーが、別人になりたいと思ったのも、こんな平凡で変化に乏しい生活に退屈しきっていたからかもしれない。そんな彼が描いたもう一人の自分とは、18歳の海兵隊員、トミーだった。彼が職場の道具箱に隠し持っていた業務用便箋には次のようなトミーのスペックが書かれている。「空手の黒帯保持者、左肩と右足に銃痕あり、頭髪はふさふさとした赤毛、立派な体躯(身長188センチ、体重86キロ、ペニス23センチ)」

2005年の春、トミーになりすました彼はPogoにログオンし、ウェスト・バージニア州に住む17歳の少女、ジェシーに出会った。彼はジェシーにIM(インスタント・メッセージ)し始め、自分の家族や経歴について書き連ねた。IMには、彼が12歳の時、母親をガンで亡くし、父親は軍人であったこと、17歳の時、チアリーダーをレイプしてしまい、人生に絶望したあげく、海兵隊に入隊したこと、狙撃兵としての訓練を終えた後、イラクに派遣されたこと等が書かれていた。

トミーの作り話を支えるために綿密な策略を練ったモンゴメリーは、第二の架空の人物、トミーの父親として、リアルの彼そっくりのトム・シニアまで登場させている。軍務のため、インターネットへのアクセスが限られている(という設定の)トミーのために、ジェシーからのメッセージを中継する役割を受け持っていた。また、イラクにつてがあり、息子にいち早く送ることができるからと、郵便や小包なども彼女から受け取っていた。

一方、ジェシーは不幸な生い立ちのトミーに引き込まれていったようだ。彼女は、過去の過ちはともかく、彼を誇りに思うと言って元気づけた。これに対し、トミーは彼女に出会えたことが、「これまでの人生で最良の出来事」だと返している。二人は親しくなるにつれ、お互いの写真を交換したり、電話で会話したりするようになった。モンゴメリーは、ある若い海兵隊員の写真を自分だとして送っている。ジェシーがメールに添付した写真には、金髪で足のすらっとした若い女性が写っていた。

やがて、トミーとジェシーは恋に落ちてしまう。トミーは、腕に入れ墨をして、「いつもそして永遠に」という海兵隊の金言と共に、ハートに囲まれた彼女の名前を彫り込んだとジェシーに打ち明けた。お返しに、彼女はエアロスミスの『I Don't Want to Miss a Thing』やローンスターの『I'm Already There』等のバラードに合せた自身のビデオ・モンタージュ(詰め合わせ映像)をトミーのために作成して贈った。

しかしながら、ジェシーは自身の写真を他のネット仲間にもメールしていたことがトミーにばれ、痴話げんかをしたりもしている。仲直りするため、ジェシーは手紙と共に身につけていたジーストリングや二人のイニシャルの入った純銀製のチェーンを彼に送っている。このころには、二人は、1日2回、電話で話すのが日課となっていた。そして、知り合って8ヶ月が過ぎた頃、トミーはジェシーに結婚を申し込み、二人は婚約した。彼は彼女にポインセチア(鑑賞植物)を送り、彼女は彼にジーストリングや「トムとジェシー、いつもそして永遠に」というメッセージが刻まれたドッグタグを送った。

夜になると、モンゴメリーはコンピューターの前から娘たちを追い散らし、ジェシーとのオンライン・チャットに夜遅くまで夢中になっていた。家族には秘密にしていたジェシーとの交流も、職場の同僚たちには筒抜け状態であった。彼は、同僚たちに、妻と別れてウェスト・バージニアに引っ越すつもりだなどと言いふらしてもいた。新年の抱負として、彼は次のようなことを業務手帳に記している。「2006年1月2日、トム・モンゴメリー(46歳)は消えてなくなり、18歳の歴戦の海兵隊員に生まれ変わる。彼は最愛の人といっしょになるためウェスト・バージニアに引っ越す予定だ」。しかしながら、年が明けても、あいかわらず同じ生活を続けていた彼は、「いったい、いつになったら新しいトムに生まれ変われるんだよ!」と書きなぐってもいる。

一方、シンディーは夫がインターネットに夢中になっているのは知っていたが、彼が二重、いや三重の生活をしていることには気付いていなかった。しかし、2006年2月、ジェシーの下着などの贈り物を見つけた時、彼女はすべてを悟ってしまった。この時、現実の世界が仮想のそれと交錯し始めたわけである。夫に騙されていたことに憤慨したシンディーは、「何が信じられないって、あなたが奇妙な空想の世界で父と息子の二役を演じていることよ」と書いたメモを夫に手渡している。「もし、別居したいのなら、してもいいわよ。でもね、彼女が『あなたの息子』に贈り物を送りつけて来るかたわらで、私や子供たちに嘘をつき続けるのは受け入れられない」とも書いた。

発覚後、モンゴメリーは自宅の地下室で寝ることを余儀なくされたものの、夫婦は同居を続けた。十代の娘を持つシンディーは、同じくティーンであるジェシーに忠告してあげたほうがよいと考え、家族写真と共にメールを送り、トミーが本当は46歳の妻子持ちであることを明かした。「コンピューター上の言葉を信じてはいけませんよ」というアドバイスも添えて。

メールを読んだジェシーは、誰を信じていいのかわからなくなった。トミーを独占したくて、シンディーが嘘をついている可能性もあるではないか。この時、彼女はトミーが一度口にしたことのある彼の友人、ブライアン・バレットのことを思い出した。彼はモンゴメリーの勤める工場でパートタイムで働きながら、バッファロー州立カレッジに通う22歳の勤労学生だった。そして、彼もまた頻繁にPogoに出入りしていたのだった。

ブライアンから真実を知らされたジェシーは落胆した。トミーは私の「すべて」だったのに、本当はそんな人は存在しなかったなんてあんまりだわ。 しかし、ブライアンに慰められていた彼女は今度は彼に急接近し、Pogoでロッツォ(ビンゴ=単語ゲームの一種)をいっしょにプレイしたり、彼にIMを送ったりするようになった。二人はPogoの公開フォーラムでモンゴメリーを子供を食い物にする人と呼んでなじったりもしている。さらに、ジェシーから彼女のパスワードを教えられたブライアンは、ジェシーのふりをしてモンゴメリーとチャットし、彼をからかったりもした。また、職場では同僚たちに新しい彼女ができたことを自慢した。

これに激怒したモンゴメリーは、「同僚の半分」は、彼が「負け犬で児童性愛者」だと考えているという内容のIMをジェシーに送っている。親たちは子供を彼に近づけないようにもなった。彼の生活はめちゃくちゃにされ、自殺をしかねないようにも見えた。そんな彼は、「永久にさよならしてもいいよ」とジェシーに伝えた。

しかし、それまで騙されていたことに腹をたてながらも、ジェシーはモンゴメリーを完全には切れなかった。それどころか、彼の怒りをなだめようとして、「もう一度トミーに会いたい」とまで言い、ブライアンと仲良くしたのは仕返しがしたかっただけと言い訳し、彼とは切れると約束もした。

そんな約束をしたにもかかわらず、ジェシーはブライアンとの交流を続けていた。最初、彼女は二人の関係をモンゴメリーから隠そうとしたのだが、ブライアンは彼女を説き伏せ、二人は各自のオンライン・プロフィールで互いのことに言及し、二人の関係を公にした。これを見たモンゴメリーは、ブライアンに対し「友情よりも女を選ぶなんて信じられない」と批難している。

その後、ジェシーは、ブライアンが留守でオフラインの時、モンゴメリーに再びコンタクトを取り、ブライアンと別れるつもりでいると話したりしている。それを聞いたモンゴメリーは彼女を激しく罵倒しながらも、結局最後には、絶対に嘘をつかないと約束するならと、彼女を許している。この時、彼は「もし、今度また嘘をついていることがわかったら、おまえのそばにある大切なものを失うことになるぜ」と警告もした。

そして、二人の長時間にわたるオンライン・デートは再開した。眠る時間も惜しんでチャットしていたモンゴメリーは、ジェシーにせいいっぱいの称賛の言葉を浴びせかけた。そうかと思うと、今度はジェシーのネットの男友達たちに嫉妬し、彼女を罵倒したりもした。

2006年の夏も盛りを過ぎた頃、モンゴメリーはジェシーとブライアンの関係が復活したことを知った。彼は前回同様、罵詈雑言を彼女に浴びせかけた。彼女も再び、彼をなだめようと努力したものの、彼の怒りは収まらず、数日後には黙り込んでしまった。9月15日、ジェシーを電話で叩き起したモンゴメリーは、抑えきれない憤怒から彼女を怒鳴りつけている。

その日の夜、仕事を終えたブライアンは10時16分にタイムカードを押している。工場を出た彼は、駐車場に止めてあった白い軽トラックまで歩き、トラックのドアをサッと開けて、運転席に座ろうとした。その時である、三発の銃弾が運転席側の窓を突き抜けたのは。ブライアンは脇道に倒れ込んだ。彼は30口径カービン銃で首と上腕を撃たれていた。

警察がブライアン殺しの犯人を特定するのにそう手間はかかっていない。勤務先の聞込み捜査からモンゴメリーが浮上し、彼を犯行現場に結びつける物的証拠が次々と出て来たからだ。

事件を捜査中、ジェシーの電話番号をブライアンの携帯電話から見つけ出したロン・ケンヨン警部補は、深夜ジェシーに電話して、モンゴメリーとネット交流していたことを確認した上で、彼女も狙われている可能性があると警告した。そして、ウェスト・バージニア州の地元警察にも連絡を取り、彼女の家まで急行するよう依頼した。

翌朝、J・L・カーク警官は教えられた住所を訪問したが、そこは自動車部品販売店の横に建つくすんだ白い家であった。しかし、ジェシーはそこにはおらず、彼女の母親、メアリー・シャイラーが応対した。娘は不在で連絡も取れないとのこと。カークがそのことをケンヨンに報告すると、彼は数時間前にジェシーと話をしたばかりだし、家にいるはずと言い張った。しかたなく、カークは事情聴取を続けたのだが、メアリーの様子がおかしいのに気付いた。彼が問い詰めれば問い詰める程、彼女はオロオロと慌てるのだった。やがて、彼女は白状した、ケンヨンが話した「ジェシー」は自分だったのだと。メアリーは娘になりすまして、二人の男、モンゴメリーとブライアンを誑かしていたのだった。

その報告を受けたケンヨンは、すぐには信じることができなかった。「私には、彼女は18歳の女性らしく聞こえましたから」と言う彼は、この目で真実を確かめようと、ウェスト・バージニアまで車を飛ばしている。二人の男が奪い合った、しなやかな体をした金髪の18歳は、実は既婚で子供も二人いる、小太りで茶色い短髪をした45歳の中年女性なのであった。モンゴメリーがこの事実を知ったのは、11月27日殺人容疑で逮捕された後だった。

メアリーは、娘のジェシーがバスケットボールやソフトボールの試合に出る時は、いつもチアリーダーとして応援するなど、とても子供の面倒見のよい母親として、地元でも評判の女性であった。事件後、メアリーは米オンライン雑誌『Wired Magazine』の取材を受けているが、以下はその要約である。

彼女が退屈しのぎとしてPogoに参加したのは数年前のことだった。しばらくして、彼女は会費を払ったのだが、その時になって初めて自分が娘ジェシーのハンドル名を使っていたことに気付いたという。けれども、彼女はその間違いを直すのが面倒くさく、そのままにしていた。ゲーム仲間にちやほやされたくて、そうしたわけではなかった。

また、彼女は結婚して23年、幸せな家庭を築いており、誰とも恋に落ちたりなどしていないと述べている。ブライアンとは「恋人」きどりだったけれども、彼にアプローチされた時、自分の正体をばらすことなく、どうやって彼の気を挫けばいいのかわからなかったという。また、トミーについては、「彼は誰か気遣ってくれる人が必要な子供(のような人)でした」とその印象を語っている。

トミーが実在の人物でないと分かった時に、なぜモンゴメリーを切らなかったのかという質問に対し、彼女は、彼が自分の娘に手を出すのではないかと心配したからだと答えている。「ほっておけばよかったんですけどね」と、彼女は今になって後悔している様子だ。

同誌は、未決監に収容されたモンゴメリーにもインタビューしているが、夫婦関係が破綻し、娘たちからも絶縁された彼は、2007年4月に自殺を図ったものの、未遂に終わったという。ジェシーとの関係については、最終的にはトミーは「イラクで戦死」したことにして手を引くつもりだったらしい。しかし、途中でシンディーに介入され、そのプランがおじゃんになってしまったとも。ジェシーに嘘がばれた時、罪の意識で死にたくなったとも告白している。ジェシーが本当に彼女の言う通りの人物であるのかどうか、疑ったことはないのかと聞かれた時、「写真一枚だけだったら、たぶん信じなかっただろうね。だけど、とてもたくさんの写真を受け取っていたから」と答えている。

逮捕されてから調度一年後の2007年11月27日、モンゴメリーは懲役20年を言い渡された。メアリーは証人として法廷に呼ばれたが、法に触れるような行いをしたわけではないとして、なんの処罰も受けていない。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/157-1d999b18

0件のトラックバック

1件のコメント

[C31] どんな種類の病気だろ

「退屈しのぎ」というよりもある種の病気なんでしょうね。。。2人とも。。。それにしても、お互いこっそり相手見るためにドライブとかできる距離だと思うんですが。。。不思議すぎますっなんか「泣けないわびしさ」感じますっでもちょっと笑っちゃいました(不謹慎かナ)

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR