Entries

独房で男囚と交わり、計画通り妊娠・出産して死刑を免れた女囚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[ベトナム発] グエン・ティ・オアン(40)は、ヘロイン7キロとアンフェタミン錠26キロを密輸した罪で裁かれ、2006年4月、死刑を宣告された。しかし、6月には、彼女が妊娠していることが発覚。しかも、それは裁判後の妊娠であった。

刑務所内で女囚が妊娠することなど、あってはならないことだが、彼女を妊娠させたのは同じ刑務所で服役する男囚であった。男囚は少なくとも5回、彼女の独房を訪れたという。

二人の密会は看守たちによりお膳立てされていたのだった。ベトナムでは妊婦と3歳未満の幼児の母親は処刑できないと法で定められており、オアンはこれを利用して死刑を免れるべく、事に及んだというわけである。妊娠発覚後、彼女は目論見通り終身刑に減刑されている。

同刑務所の二人の看守、グエン・トゥエン(31)とブイ・ヴァン・クエット(23)は、便宜をはかるための賄賂として1,500万ドン(約10,200円)をオアンの姉(または妹)から受け取っている。

同看守らは、ホアビン市の法廷で職権乱用の容疑で裁かれ、去る11月14日、それぞれ懲役5年と3年半の実刑判決を受けている。裁判は二日で決着したが、その間、オアン女囚とその赤ん坊を一目見ようと、多くの人々が押し寄せたという。

オアンは今年3月25日に、刑務所内の診療所で男児を出産。赤ちゃんは、授乳期が終わるまで母親と共に刑務所内で過ごした後、彼女の家族に引き取られる予定だ。

また、オアン自身は彼女の息子が3歳になっても、再び死刑を宣告されることはないそうである。彼女は赤ちゃんに命を授け、赤ちゃんはお返しに母に命を授けたというわけだ。まさに、彼女にとってラッキー・ボーイである。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/150-52dad1be

1件のトラックバック

[T53] ウイイレのバグが予想外に面白いの巻

ウイイレというかPES2008のバグなんですが、ちょっと笑えたんで載せてみます。 ↓これはひどいw

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR