Entries

尻を振って歩く女に騙されてはいけない(加研究)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

[カナダ発] これまでの研究から、女性の体臭や顔つき、言動は月経周期の影響を受けており、排卵期に入ると、男性により魅力的に見えるよう変化することがわかっている。当ブログでも、エキゾチック・ダンサーたちが客から受け取るチップの額が排卵期になると増えることを突き止めた米ニューメキシコ大学・研究チームのレポートを以前紹介した(末尾の関連記事参照)。

しかし、国際性研究学会の学会誌『Archives of Sexual Behaviour』で近々出版される予定の研究レポートによると、排卵周期は女性のお尻の振り具合にも多大な影響を及ぼしているようである。しかも、おもしろいことに、その作用は体臭や顔つきとは逆方向に働くらしい。

つまり、女性は最も妊娠しにくい時期にはお尻を振りながら歩くのに対し、妊娠しやすい時期に入ると、あまり尻を振らずに歩くようになるというのだ。

排卵期に入り、体臭や顔つきは色っぽくなるのに、歩き方はその逆というのは、一見矛盾しているようであるが、さすが科学者、ちゃんと納得する説明を用意している。これは、人類が進化する過程で、女性が男性を欺くために身につけたトリックなのだそうだ。

表情や体臭の微妙な変化は、親しい男友達や知り合い等、女性の身辺にいる男性にしか分かり辛い。そして、これら近くにいる男たちは子供の父親としてより相応しい。

これに対し、女性の歩き方に現れる変化は、隔てた所にいる見知らぬ男たちもキャッチすることができるが、彼らは配偶者にするには相応しくない可能性がある。

従って、排卵期の頃、男をそそらない歩き方をすることにより、女性は自身が妊娠可能な時期にあることを、望ましくない男たちに隠すことができるというわけだ。

この研究を率いたクウィーンズ大学(カナダ)のメーガン・プロボスト博士は、次のように述べている。「女性たちは最も妊娠しやすい時期に強姦されることを避けようとしているのだと仮定すると、彼女たちが妊娠しにくい時期に魅力を周りに振りまくことは理にかなっています」

同研究では、女性ボランティアたちにライトマーカー付きの衣服を着せ、彼女たちが歩く様子をビデオに取りコンピューターを使って分析すると同時に、各ボランディアから唾液を採取し、それぞれが排卵周期のどこにいるのかを確認している。

その結果、最も妊娠しやすい時期にいる女性たちは、お尻をあまり動かさず、両足も閉じ気味にして歩くこと、それとは対照的に、最も妊娠しにくい時期にいる女性たちは、お尻を最も大きく振りながら歩くことが判明したという。

次に、男性ボランディアたち(40人)に、先のビデオを見せ、各々の女性の歩き方を評価させたところ、お尻を振って歩くのが男性に最もセクシーに見えることも判明した。

プロボスト博士は、この結果(が予想に反し、また他の研究報告の結果と矛盾していること)に驚き、確認のため、さらに二つの男性グループを使って実験を繰り返したが、同じ結果に終わっている。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/145-fd9057a7

1件のトラックバック

[T50] 新聞紙で描いたアートなロナウジーニョ&アグエロ&インスア

こちらは新聞紙を壁に貼付けて描いたブラジル代表MFロナウジーニョ・ガウーショ(RONALDINHO)。これは南米のナイキのキャンペーンの一環として描かれたアートなんだそうな。

0件のコメント

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR