Entries

麻薬中毒の男を立ち直らせた結婚記念日の心霊写真

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

結婚記念日の心霊写真


[アメリカ発] 記事を読む前に、まずカップルのスナップ写真を見て欲しい。男性の左肩に注目。小さくて見にくいという人は、こちらの拡大写真をどうぞ。


結婚記念日の心霊写真


みなさんは、これが何に見えるだろうか? 筆者には、黒い犬が肩越しにのぞき込んでいるように見える。しかし、写真のカップルは、これは悪魔だと言い切る。




この写真は、ミネソタ州北東部の小さな田舎町、オーロラに住むジョー・マルチネスさんと妻のパティさんが、8年前、親戚の金婚式で撮影したもの。写真にそれが写り込んでいるのに夫婦が気づいたのは、今年になってアルバムをめくっていた時だという。

パティさんは、それを見た瞬間、サタン(悪魔)だと思ったそうだ。「人生には善と悪がついてまわります。私の右側には善、そして左側には悪がね」と語るジョーさんも、これはデーモン(悪霊、悪魔)だと断言する。

ニュースを取材したFOXテレビは、10年の歴史を持つ心霊研究所「Rocky Mountain Paranormal Resource Society」のブライアン・ボナー氏に、写真の鑑定を依頼。超常現象と言われるもののうち、99パーセントはちゃんと合理的な説明がつくと言うボナー氏は、「これは興味深いですね」と言いながらも、本物かどうか鑑定するには十分な証拠がないと回答した。

FOXは、この道20年というベテラン写真家ジョン・ダベンポート氏にも鑑定を依頼。同氏は、二重写しや複数の写真をつぎはぎした跡もなく、また写真のグレイン(粒子)も一律なので、合成写真ではないと結論づけている。

こんな怖い写真が撮れたら、普通はしかるところでお祓いをしてもらい、写真も処分するだろうが、ジョーさんの場合は違う。実は、彼はそれまで麻薬常習者で廃人同然だったのだが、この写真で目が覚め、今ではきっぱり麻薬を断っているという。

写真は今でも手元にあり、学校や薬物依存リハビリ施設で講演をする時、彼はいつもそれを持参し、「この世には悪魔がいて、ドラッグをやっていると取り憑かれる」と人々に言い聞かせているそうだ。

ジョーさんは、かつて麻薬中毒で苦しんでいる時、神に助けてくれと祈りを捧げていたそうだが、もしかすると、この「悪魔」は神の使いだったのかもしれない。

ソース

関連記事
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)
http://omoroid.blog103.fc2.com/tb.php/142-3b7c23ca

0件のトラックバック

1件のコメント

[C46] リネージュ

クロスランカー エピソード4「歴史と記憶」
  • 2008-01-16
  • ちびっこ探偵団
  • URL
  • 編集

コメントの投稿

投稿フォーム
投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR