Entries

死ぬほど恐いエボラウイルスを殺菌消毒する10の方法

エボラウイルス[欧米・日本発] 西アフリカで今年3月アウトブレイクして以来、患者が増え続けているエボラ出血熱(エボラウイルス病)。この感染症はフィロウイルス科エボラウイルス属のウイルスを病原体とする。症状には発熱、下痢、嘔吐が含まれ、一部の患者には出血もみられる。致死率は25〜90%、平均で50%と非常に高い。ワクチンの開発については、これまで10年近く試みられてきたがどれも失敗に終わっている。しかし、ウイル...

携帯電話をブラに入れて持ち歩く女性の間で若年性乳癌が増加 アメリカ

[アメリカ発] 日本ではあまり見かけないが、アメリカでは携帯電話をブラジャーの中に入れて持ち歩く女性が少なくない。理由はその利便性。こうすると、バイブに気付きやすいし、着信音を聞き逃すこともない。需要があるからか、最近では、携帯電話が収納できるポケット付きのブラジャーが市場に出回ったりもしている。だが、そのアメリカで、ブラの携帯電話が原因と疑われる乳癌が若い女性の間で増えているという。...

睡眠中の「こむら返り」の予防には石鹸が有効!?

[アメリカ発] 夜寝ている時に足がつる症状を「夜間下肢こむら返り」と呼ぶそうだ。聞くところによると、日本では成人の3割が月に1回以上経験しているとか。なかには、毎晩のようにこむら返りに襲われる人もいるらしい。そこで、今日ご紹介するのはその予防法。...

ホールボディカウンターを使った内部被曝検査のシミュレーション動画

[カナダ発] 今週末、原発事故関連で調べ物をしていたら、こんな動画を偶然発見した。これはホールボディカウンターを使った内部被曝検査のシミュレーション。ホールボディカウンターは現在、日本でも活躍しているが、ヨウ素131やセシウム137などガンマ線核種を対象とする内部被曝線量を調べるための装置である。...

インドネシアの2歳児、毎日40本の煙草をスッパスパ

[インドネシア発] 南スマトラ州、ムシ・バンユアシンの漁村には、わずか2歳にして、毎日、40本ものタバコを吸う男児がいる。アルディ・リザル君が最初の一本をくわえたのは、生後18ヶ月の時。タバコを与えたのは父親だった。動画には、アルディ君がおもちゃのトラックに股がり、タバコをスパスパ吸う様子が映っているが、タバコを人差し指と中指の間にはさむ仕草など、2歳児とは思えないほど様になっている。アルディ君は、見た目...

世界初の全顔面移植手術に成功 スペインの大学病院

[スペイン発] スペイン、バルセロナのバルデブロン大学病院が、世界初となる全顔面移植に成功した。同病院によると、手術は、去る3月20日、30人の医師らが参加して、24時間かけて行われた。手術では顔面筋、肌、鼻、唇、顎、歯、口蓋、頬骨が移植されたという。患者は、2005年、銃の暴発事故で鼻や顎を失うなど、顔面に重傷を負った30代の農夫。これまで9回にわたり再建手術を受けてきたが、呼吸も食事もチューブを通してしかでき...

胃から約1キロの金属が摘出された男性

[ペルー発] ペルー北部の町カハマルカで、26歳男性の胃から1キロ近くの釘(くぎ)や硬貨などが手術で摘出された。執刀したカルロス・デルガド医師によると、患者はひどい腹痛を訴えて病院にやって来たという。医師らは虫垂炎を疑ったらしいが、診察の結果、彼の胃には何百もの釘が溜まっていることが判明した。建設作業員として働くリケルメ・アバント・アルバラードさんが入院したのは、去る6日のこと。手術は2時間に及び、釘、...

境界性人格障害の女性、78本のフォークとスプーンを呑み込む

レントゲン写真に捉えられたシルバーウェアの塊[オランダ発] 境界性人格障害(BPD)には、その特徴の一つに自傷行為の繰り返しがあるが、その珍しい症例がオランダの医学雑誌に紹介された。ロッテルダムの病院で診られた症例はフォークやスプーン等のシルバーウェアを大量に呑み込むというもの。患者のマーガレット・ダールマンさん(当時52)は腹痛を訴えて病院を訪れたのだが、彼女のレントゲン写真を見て、医師らはびっくり仰...

Appendix

月別アーカイブ

RSSフィード

fox.png

人気記事ランキング

ブログパーツ

アクセスランキング

アクセスランキング

プロフィール

blogger x

Author: blogger x
FC2ブログへようこそ!

このブログをリンクに追加する

Ads




QRコード

QR